8時間連続で犬と遊んだ子どもたちへ、将来ママになる人がメッセージ

母親になる予定の女性は、犬と遊びすぎて動けなくなるほどだった子どもたちに、明確なメッセージを送った。 メッセージ? ありがとう。

7月に第一子が生まれる予定の夫婦は最近、家族が増えることを祝うためにベビーシャワーを開いたが、その後、多動の犬が完全に一掃されたため、家は数日間非常に静かになった。

「彼らは彼女と遊んで、彼女は彼らを追いかけました、そして、数人が疲れても、別の数人がまだ遊んでいたので、彼女は8時間それを続けました。回復するのに1日かかったときもありましたが、今回は4日かかりました。」 」と妊婦のベアトリス・トーレスさんは本誌に語った。 「それは私たちにとって良い休暇でした、嘘は言えません。」

マイアミ在住のトーレスさん(41)は、自身の@berrizfamアカウントでTikTokに投稿し、オーストラリアン・シェパードの大型交雑種インディがソファでほぼ昏睡状態に陥っている動画をシェアしていた。 クリップの上で彼女は次のように書いた:「昨日、ベビーシャワーに来てくれた子供たちへ。そしてインディを何時間も追いかけました。

「息を整える暇も与えてくれなかった子供たちへ。8時間も彼女と遊ばせて、多動の犬を完全に無気力にして放置した子供たちへ。今日も動きたがらない私の犬を放っておいた子供たちへ。 ..ありがとうございます、すぐに戻ってきてください!」

4月30日にアップロードされて以来、270万回以上再生されているこのビデオでは、インディーズは一歩も動かない。 飼い主が前足を上げても、彼女はただ足を下に降ろすだけで、目はかろうじて開いています。

クリエイティブディレクターのトーレス氏はこのクリップに「彼女をこれほど疲れさせるには村が必要だ!」とキャプションを付けた。

トーレスさんは、夫が「大きな犬」を飼いたいと言い出したため、生後8カ月の3歳のインディちゃんを保護したと語った。

「彼はそれまで犬を飼ったことがなかったので、大型犬の方がずっと元気になる傾向があると言いました」とトーレスさんは語った。 そしてこれは確かにインディにも当てはまり、インディは「いつまでも子犬的な性格をしているだろう」と彼らは考えている。

インディは人が大好きで、見覚えのある人を見ると「発狂する」とトーレスさんは語った。 「だから、もちろん、ベビーシャワーのとき、彼女が激しくなるだろうということはわかっていました。」

妊娠中の母親は、ベビーシャワーの招待状に「自分の責任で子供を連れてきてください」と冗談めかして警告していたが、彼女の言葉を借りれば、「ほとんど知らなかった、インディはその日に自分の試合に会う予定だったんだ!」

インディさんは過去にトーレスさんの友人の2人の子供たちとプレーし、一緒にサッカーをする姿を何時間も追いかけたことがあった。 ただし、ベビーシャワーは異なり、インディが一緒に遊べる子供は 2 人ではなく 10 人でした。

インディと子供たちがベビーシャワーでお互いを楽しませたことで、大人たちもリラックスして楽しむことができ、この夏に息子が生まれる予定のトーレスさんは「インディが自分の小さな人間に会えるのが待ちきれない」と語った。

「彼女は間違いなく子供たちと一緒にいるために生まれてきたのです」とトーレスさんは語った。

ペットと一緒に成長することは子供たちにとって多くの利点があり、ペットフード会社ピュリナは、その利点のほんの一部として「常に一緒にいる」「よりアクティブなライフスタイル」「責任を学ぶ」と指摘しています。

「犬を飼っている子どもたちは、犬を飼っていない子どもたちに比べて、1日あたり11分多く運動している。それほど多くないように聞こえるかもしれないが、1週間、あるいは1か月かかると、かなりの量になる」と同社は付け加えた。

トーレスさんのアカウントにある他の動画からも、インディが他の子犬たちと熱心に遊び、庭を走り回り、飼い主に大喜びで挨拶するなど、活発な犬であることは明らかだ。

しかし、あるTikTokユーザーは彼女の「無気力な」動画について「彼女は謙虚に見える」とコメントした。

あるコメント投稿者は、「彼女は間違いなく敗北しているように見えるが、立ち上がってこれまで以上にエネルギーを持っているだろう」と書いているように、もちろんこの状況が続く可能性は低い。

「彼女は『今回はあなたにやられたけど、私はもっと強くなって戻ってくる』みたいな感じだった」と別の女性も付け加えた。

あるユーザーは、「去年の息子の誕生日パーティーで、私の幼いいとこたちは、私のラブラドール犬と3時間ぶっ続けで取って来い遊びをした。息子は家の中に入って横になり、14時間動かなかった。」と投稿した。

トーレスさんは、TikTokでの大規模な反応は予想していなかったが、特にコメントがとても気に入っていると語った。 「インディーズが私に『横目』だったり、『お母さん、光が見えてきたよ!』といったコメントをくれていることに人々が気づいてくれたことが大好きです。」

コメントする