あなたが知らないかもしれないポインターの事実

警戒心が強く穏やかなポインターは、野原で狩りをするときも、家で飼い主とくつろぐときも、人懐っこい仲間です。 スポーツ グループのこの運動能力と期待に応えるメンバーに関する 9 つの興味深い事実を紹介します。

最近の祖先はスペインから来た可能性がある

18 世紀のポインターの祖先はスペインで生まれたと考えられています。 1713 年のスペイン継承戦争の終わりに、イギリス軍将校はスパニッシュ ポインターを持ってスペインから帰国しました。 その後、イタリアン ポインターがイギリスに伝わり、スパニッシュ ポインターと交配され、今日のポインターにつながりました。 アメリカは南北戦争の時までポインターの導入を目にしなかった可能性が高いです。

フィールド内のポイント上のポインター。

ポインターはその歴史を古代にまで遡ることができます

芸術愛好家にとって、ポインターの祖先の歴史は、さまざまな芸術作品を通じてたどることができます。 3,000 年前のエジプトの墓の壁に描かれた初期のポインターと識別される犬から、17 世紀から 19 世紀のフランスやイギリスの絵画、19 世紀のブロンズ像に至るまで、この犬種の進化が生き生きと描かれています。

彼らはハンターとして長い歴史を持っています

銃が発明される前から、ポインターは鳥を狩るために使用されていました。 犬は獲物を見つけるために送り出されます。 それから猟師は犬や犬が見つけた鳥の上に網を投げて捕まえるのです。 ポインターはよく「鳥犬のキャデラック」と呼ばれます。

時代に合わせた指針

銃がハンターのやり方を変えた後、ポインターは「翼を広げて撃つまで安定している」ように教えられました。 つまり、鳥がフラッシュされて銃が発砲されるまで、犬は静止していることになります。 その後、鳥を回収する前にさらなる指示を待ちます。 これにより、ハンターは犬の安全を危険にさらすことなく、採石場で明確なショットを撮ることができます。

フィールド内のポイント上のポインター。フィールド内のポイント上のポインター。

現場ではひたむきな彼ら

ポインターは主に狩猟の仲間として飼育されているため、野外環境にいるときに集中します。 彼らの唯一の目的は鳥を見つけることであり、そのために一生懸命速く走ります。 多くのポインターの飼い主は、この活発な本能を利用して、犬と一緒にフィールド試験に参加しています。

服従訓練は指示者にとって役立ちます

ポインターは学習意欲と生来の運動能力を備えているため、オビディエンスリングで成功することができます。 たとえ愛犬と競争するつもりがなくても、ポインターをトラブルから守るためには適切な服従訓練が必須です。 彼らは大人になっても楽しいことが大好きな犬で、いたずらをする傾向があり、注目の的になることが大好きなので、家庭のルールを教えることは大いに役立ちます。

彼らは生き物の快適さを高く評価します

ポインターは生き物の快適さが大好きです。 彼らは自分たちを犬ではなく、家族の一員だと思っています。 この狩猟仲間でさえ、いくつかの贅沢を楽しむことが許されれば、繁栄するでしょう。

ポインターは子供を愛することが多い

子供とポインターは素晴らしい組み合わせを作ることができます。 これらの犬は若い仲間と一日中遊びます。 しかし、他の犬種と同様に、幼い子供たちにも、ポインターと適切かつ敬意を持って接する方法を教える必要があります。 熱心なポインターが誤って小さな子供を倒したり、ぶつかったりする可能性があるため、監督も不可欠です。

フィールドに横顔で立っているポインター。フィールドに横顔で立っているポインター。

ポインターは威厳のある保護犬です

品種標準によれば、ポインターは見知らぬ人や他の犬に対して決して臆病ではない威厳のある犬です。 彼らはまた、自分たちの領土と家族を守ります。 これにより、彼らは何か問題があれば警告してくれる素晴らしい番犬になります。

たくさんの運動が必要です

非常に活動的な品種であるポインターは、幸せで健康を保つために十分な運動を必要とします。 長い散歩でも、活発な遊びでも、ポインターにエネルギーを消費する機会を与えると、ポインターは落ち着いて満足感を得ることができます。 また、オビディエンス、トラッキング、アジリティ、Dog Magazine ラリーなどのドッグ スポーツを楽しむこともあります。

コメントする