飼い主が足を骨折したとき、犬は笑えるほど共感的な反応を示した

犬が飼い主に驚くほどの同情心を示した心温まる瞬間は、人々の心を溶かします。

犬のペルチンは、怪我をした飼い主に対する愛らしい共感の表現で、130万回以上の再生回数を記録した。 4月25日に@renatalainezが共有したTikTokクリップでは、足首を骨折した飼い主が松葉杖を使って移動しているが、カメラが子犬に向かうと、ペルチンも前足を上げており、飼い主の怪我を映している。

ニューズウィーク TikTok経由で@renatalainezにコメントを求めた。

@renatalainez

ペルーチンデル愛のムレタス😭❤️‍🩹🩼 #kenita #kenito #perros #perrosgraciosos #schnauzer

♬ ファニーソング – ファニーソングスタジオ&サウンドリール

「私は足首を骨折しましたが、ペルチンさんは自分も骨折したと思っています」とこのビデオのキャプションに書かれており、ソーシャルメディアプラットフォーム全体で人々の心を温かくし、心を温かくした。

コメンテーターのマリさんは「すごい」と視聴者の共感を呼び、アディスさんは「人間よりも共感できる」と付け加え、ペットと飼い主の深い絆を強調した。 他の視聴者は、ペルチンが飼い主に「心理的サポート」を提供していると示唆した。

犬は鋭い感覚で知られており、飼い主の健康状態や感情によく反応します。 彼らの鋭い感覚と人間との絆は、多くの場合共感につながります。 飼い主の日課や行動に同調している犬は、病気を示す可能性のあるこれからの逸脱を検出し、反応を促すことができます。

他のペットの飼い主たちは、同情的な犬について自分の経験を共有した。「コロナウイルスの時代に、私は寝たきりになりました。私の犬が近づいてきて水を吐き、脱水症状に近づきました。私は、これが私の闘いであり、あなたが彼女をよく必要としていると説明しました」とYndi500は書いています。

別の視聴者は、「私が膝の手術を受けて松葉杖を使っていたとき、うちの小さな犬も全く同じことをしました。トイレに行くにも食事にも起きようとしませんでした。私がベッドで食事をしていたので、ボウルも置かれていました」とコメントした。彼のためにダウンしてるよ。」

動物が怪我をしたふりをするのはこれが初めてではない。 先月、保護犬オディスが散歩を避けるために足に怪我を負わせたとき、人々の心を掴んだ。

「彼は車から降りたくなかったので、足を傷つけたふりをしていました」とオーナーのサブリナ・ナプレラックさんは語った。

また、ある猫は足の怪我を装って獣医師に1,000ドルの請求をさせたが、飼い主はペットが特別な注意を引くために足を上げていた可能性が高いことを知った。

コメントする