暑い季節や寒い季節に犬に服を着せて快適に過ごす方法

あらゆるサイズの犬用の服があり、犬に着せたいと思う理由もさまざまです。 セーター、シャツ、コートは、毛のない犬や被毛の短い犬を寒い季節に暖かく快適に保つのに特に役立ちます。 レインコートは、犬が雨の中を歩いているときに清潔で乾いた状態に保ち、室内に戻ったときに大がかりなグルーミングの必要性を減らすのに役立ちます。 あらゆるサイズの犬にとって、靴やブーツは、熱い舗装による火傷や、寒い天候での凍結防止剤や鋭い氷による怪我から足を守るのに役立ちます。 犬に服を着せる理由に関係なく、犬が快適に過ごせるように意図的に服を着せることが重要です。

衣服のフィット感と安全性の確保

犬に服を着せるときは、適切なフィット感が不可欠です。犬がどんな服を着ているにせよ、ぴったりフィットしてきつくないものでなければなりません。きつい犬服は、犬に着せようとすると不快になります。そのため、犬は服を着たり脱いだりするのが難しくなります。また、きつすぎる服は犬の動きを制限し、快適に歩いたり遊んだりすることができず、怪我につながる可能性もあります。

犬に着せる服が大きすぎないことも同様に重要です。大きすぎると、犬にきちんとフィットしません。大きすぎる服は犬がつまずいたり、どこかに引っかかったりする原因となり、怖がらせたり、痛みを与えたりすることがあります。犬が服を着ているときは、安全のために常に監視する必要があります。犬をケージに入れたり、放置したりするときは、服を着せたままにしないでください。服が引っかかったり、犬が窒息する危険があります。

犬に匂いを嗅いで探検させましょう

犬が快適に感じられる、気が散るものがあまりない場所で、犬に服装を紹介し始めることが重要です。 家の中の静かな場所が最適です。 犬に衣服を着せるときは、犬が自分のペースで衣服に慣れることができるようにしたいと考えています。 これにより、犬は服の存在に自信を持ち、服を着て満足することができます。

ステップ1: 犬が快適に過ごせる場所に衣服を置き、犬に探検させてください。 衣類やその他の興味や関心に近づいた犬を褒めてご褒美をあげましょう。 これは、犬が衣服とポジティブな関係を築くのに役立ちます。

ステップ2: 犬が服に近づくのに慣れたら、服を手に持ちます。また、犬が服に近づいたり、匂いを嗅いだり、服を軽く突いたりしたときには、褒めたりご褒美を与えたりします。

ステップ3: さて、犬に服を着せ始める時間です。まずはゆっくりと犬の体に衣服を持っていきます。犬を褒めてご褒美を与えます。服を着せる前に、犬が衣服を体に持ってきても平気かどうか確認しましょう。

雪の中でフード付きのピンクのコートを着たチワワフード付きのピンクのコートを着た雪の中のチワワ

ステップ 4: 犬が服を体に着せることに慣れてきたら、そっと犬に服を着せましょう。シャツやその他の衣類の場合は、犬に服を着せ、着せているときに犬を褒めてご褒美を与えましょう。犬にブーツを履かせるのに慣れさせているときは、片方のブーツを履かせて犬を褒め、徐々に 4 足すべてを履かせるようにしていきます。

ステップ5: 犬が服を着ている間は、褒め続けておやつを与えてください。犬が服のせいでストレスを感じたりイライラしたりしているようであれば、すぐに服を脱がせて、後でもう一度試してください。前の手順に戻って、犬が服を着ているところまで戻ってください。

ステップ6: 家の中で服を着せることで犬の快適さと持続時間を高めてから、思い切って散歩に出かけましょう。 犬が服を着たときにおやつをあげたり褒めたりして、強化の速度を維持してください。

犬服を着て遊ぶ

犬が服を着ることに慣れたら、服を着ても動きが制限されないことを理解してもらいましょう。犬が服を着ているときに、追いかけて食べられるようにおやつを投げましょう。犬が服を着ている間に、褒めたりおやつを与えたりしながら、芸や服従の訓練をすることもできます。犬がおもちゃに動機づけられている場合は、服を着たまま、ボール投げや引っ張り合いなどのゲームをさせることができます。こうすることで、犬は服にあまり集中せず、遊びやトレーニング、アクティビティに集中できるようになります。

犬が快適に服を着て、家の中で普通に遊べるようになったら、寒い日にセーターを着せて犬を外に連れ出して散歩させるなど、気を紛らわせる要素を増やしましょう。おやつやおもちゃによる強化率を高く保つようにしてください。

青い犬用ブーツを履いたボーダーコリーが歩道に横たわっている青い犬用ブーツを履いたボーダーコリーが歩道に横たわっている

犬も参加させましょう

犬が服を着るのをもっと快適に感じるようになるためのもう 1 つの方法は、犬に自分で服を着るのを手伝わせることです。これを行うには、合図で手を振るなど、犬がすでに知っているトリック トレーニング スキルを使用できます。服を着るためのこの合図を使用するには、犬の足にブーツを履かせるように頼み、犬を褒めてご褒美を与えます。多くの犬は、足をつかんで靴を履かせるよりも、この方が楽しいと感じます。また、犬に合図でシャツやセーターの首の穴に頭を入れて自分で服を着るのを手伝わせることもできます。

ステップ1: 犬の頭の開口部だけが見えるまでシャツを束ねます。 次に、おやつの片側を持ち、犬が穴に頭を突っ込んだら、褒めておやつを与えます。

ステップ2: セーターを着せずに、犬がシャツやセーターに頭を入れた時にご褒美を与えながら、これを数回繰り返します。犬にシャツを差し出すことは、犬にシャツの穴に頭を入れてほしいという視覚的な合図になります。犬がシャツの頭の穴に頭を入れた時に、「服を着なさい」などの選択の口頭合図を導入することもできます。犬が頭を入れたらご褒美を与えることを忘れないでください。

ステップ 3: すぐに、あなたの犬はシャツの中に頭を入れることがご褒美であることに気づき、あなたがシャツを差し出すたびにその行動を提案し始めます。 この時点で、ルアーを段階的にやめて、犬が頭を通り抜けた後だけ治療することができます。 練習しているときに、時にはシャツに頭を通した犬を褒めるだけで、また時にはシャツを着てから犬を褒めてご褒美をあげましょう。

コメントする