詐欺事件によりフロリダ州のペット飼い主に新たな警告

フロリダ州の動物管理当局は、迷子になったペットの飼い主に対し、行方不明のペットを見つけたいという必死の思いにつけこんだ詐欺の標的になる可能性があると警告している。

パームビーチ郡公安局の動物保護管理課(PCB ACC)は火曜日、Facebook の投稿でペットの飼い主にこの詐欺について警告した。この手口は、地元の住民に電話をかけ、迷子のペットが見つかったと騙して無事に返還してもらうために金銭を要求する詐欺行為のようだ。

続きを読む: ペットオーナーに最適なクレジットカードを比較

詐欺師は、行方不明のペットの飼い主を頻繁にターゲットにします。行方不明のペットの詳細や連絡先をオンラインで公開している人は、特に被害に遭いやすいです。

「詐欺師たちが迷子のペットの飼い主を狙っていることが分かりました」と投稿には書かれている。「誰かが私たちの保護施設の職員を装い、金銭を要求しています。PBC ACCは電話で金銭を要求することは絶対にありません」

「私たちを名乗る人物に資金を送金したり、口座番号やクレジットカード番号を教えたりしないでください」と続く。「ペットを失くした場合は、SNAPのウェブサイトにペットを投稿し、毎日ウェブサイトをチェックし続けてください。」

公安当局はフェイスブックへの追加投稿で、詐欺の標的となった被害者は「迷子のペットのウェブサイトに自分の情報を投稿した地域住民」で、その後「ACCの従業員を名乗る人物から電話」を受けると述べた。

続きを読む: クレジットカード詐欺とその回避方法

地元のABC系列局WPBFは、Nextdoorアプリで迷子ペットの投稿を共有した後に標的にされた被害者がいると報じた。詐欺師たちはまた、PawboostやPetco Love Lostのウェブサイト、およびLoxahatchee Lost and FoundのFacebookページに同様の投稿をした人々を標的にしていたと報じられている。

パームビーチ郡の「SNAP」ウェブサイトには、主に猫や犬など、迷子になったり保護されたりしたペットのリストが多数掲載されており、行方不明になった動物の写真も掲載されている。このサイトには、引き取り手がいないペットで「緊急に」譲渡が必要なペットのリストも掲載されている。

ノースカロライナ州ウェイク郡の当局は先月、同様の詐欺警報を発令し、ウェイク郡動物センターの職員を名乗る人物が行方不明のペットを連れた住民に電話をかけ、緊急のペット手術のために金銭を要求していると地元住民に知らせた。 ニュース&オブザーバー

コメントする