犬にコーンを着けるように教える方法

犬が壁にぶつかったり階段でつまずいたりする原因となるプラスチックのランプシェード、いわゆる「恥のコーン」についてのジョークを、私たちはみな聞いたことがあるでしょう。馬鹿げているように見えるかもしれませんが、コーンをかぶることは犬にとって非常に苦痛です。しかし、だからといって手術や事故の後にコーンが不可欠であるということには変わりありません。犬にコーンを無理やりかぶせるのではなく、事前にコーンの着用に耐えられるよう教えましょう。そうすれば、いざ必要になったときにストレスなく回復できます。

犬はなぜコーンを嫌うのでしょうか?

コーンは安全装置です。犬が怪我や手術部位、熱傷、その他の傷を舐めたり噛んだりするのを防ぎます。これにより、犬によるさらなる怪我、縫合糸の除去、感染のリスクなしに、その部分がより早く治ります。そのため、健康上の問題に応じて、獣医は犬に数日から数週間のコーンの装着を勧めるでしょう。また、ストレスは治癒を妨げる可能性があるため、犬がコーンを装着している間は落ち着いているほど良いでしょう。

しかし、コーンは犬の外界の体験を変えてしまいます。例えば、コーンは犬の周辺視野を遮り、耳に入る音の聞こえ方を妨げます。言うまでもなく、犬は動き回るのが非常に困難になります。犬はコーンを家具にぶつけたり、餌や水の皿にうまく届かなかったり、寝るときに落ち着かなかったりします。犬がストレスの兆候を示すのも不思議ではありません。犬によっては、コーンを装着するとすぐに食事を拒否し、無気力になるなど、非常にトラウマになる犬もいます。

犬用コーンの種類

多くの場合、犬は動物病院で初めて首輪を装着します。そこで、獣医師または獣医技術者と相談して、どの首輪が犬に最適かを選択します。また、犬が首輪をどのように、いつ使用すべきかについても話し合うことになります。

コーンにはいくつかの種類があります。透明で硬いプラスチックで作られたものもあれば、広がった状態を保つために内部が硬い構造になっている布で作られたものもあります。ライオンのたてがみや花のように見える布製のコーンもあります。膨らませたり詰め物をしたりできる首輪の中には、コーンではなくドーナツのような形をしているものもあります。

通常、あなたの犬にコーンを処方したり推奨したりするのは、あなたの獣医です。大切なのは、あなたの犬とその状況に合った正しいコーンや首輪を見つけることです。たとえば、硬いプラスチックのコーンは、犬の体の多くの部分へのアクセスを防ぐことができますが、着用時の不快感は増します。また、プラスチックのコーンは安価で掃除も簡単ですが、ドーナツ型は視界がよいため、ストレスを軽減できます。オプションについて、またあなたの犬の回復状況に最適なコーンについて、獣医に相談してください。

犬用コーンの代替品

コーンの制限に耐えられない犬には、ロングジョンのパジャマに少し似た回復スーツがあります。このスーツは犬の傷を通気性のある生地で覆い、ガーゼパッドを入れるための特別なポケットが付いています。回復スーツを購入するときは、犬の傷の近くで空気が循環できるように、ゆったりとしたサイズであることを確認してください。

犬にコーンを着けるように教える方法

ほとんどの犬は、いつかはコーンが必要になります。そして、コーンを見たことがなければ、うまくいかない可能性が高いです。避妊手術や去勢手術のときのように、事前に通知があり、犬を訓練する時間がある場合もあります。しかし、事故や怪我の場合はそうではありません。そのため、万が一に備えて犬を準備しておくことは価値があります。犬に口輪を着けるように教えるのと同じように、コーンを着けることに耐えるように教えることができます。

犬と作業を始める前に、コーンを組み立てて正しく装着することに抵抗がないことを確認してください。自信がないと、犬はその感情を読み取って緊張してしまうかもしれません。最初は、首輪を必要以上に緩めにすると、犬が頭を出し入れしやすくなります。また、コーンを装着しながら犬のボディランゲージを観察してください。耳をピンと立てたり、尻尾を引っ込めたりするなど、不安や不快感の兆候が見られたら、やりすぎです。プロセスを一歩後退させ、犬が現在の段階で積極的に参加するまで先に進めないでください。

頭にコーンを着けて獣医のところにいる老犬のゴールデンレトリバー。頭にコーンを着けて獣医のところにいる老犬のゴールデンレトリバー。

犬にコーンの着用を許容するように教えるための手順は次のとおりです。

  1. コーンを地面に置き、その周囲におやつを散らします。そして犬が自分のペースで食べ物を探索して集められるようにします。こうすることで犬はコーンの見た目や匂いに慣れ、コーンとのよい関係を築くことができます。
  2. 犬がコーンの周りで落ち着いたら、コーンを拾い上げて見せます。犬が興味を示したらご褒美を与えます。コーンを嗅いだり、鼻で触ったり、単にコーンを見たりするだけでもかまいません。しかし、犬がコーンに触れたらすぐに褒めてご褒美を与えます。犬がコーンを見るのを楽しみにするようにしてあげましょう。
  3. 犬がコーンの存在に興奮したら、コーンの広い端が犬に向くように回します。犬がコーンの中に頭を入れるように促したいので、広い端があるとそれがしやすくなります。犬がコーンの中に入ろうとしたら、ご褒美を与えます。必要な場合は、狭い端に手を突っ込み、犬が付いてきたら手を引っ込めて、犬をコーンの中に誘い込みます。
  4. 犬が喜んで広い方の端に頭を突っ込んでいる場合は、コーンを裏返して狭い方の端が犬のほうを向くようにし、上記の手順を繰り返します。
  5. 犬がコーンの中に頭を出したり入れたりするようになったら、頭を入れている間におやつを何回か与え、おやつを与える間隔を徐々に長くして、持続時間を増やしていきます。この練習をリセットするには、床におやつを投げて、もう一度始めます。犬が指示されたときに頭を入れ、できるだけ長くそこに留まることを楽しめるようにする必要があります。
  6. 次に首輪を締め、犬が首輪をつけている間に小さな動きをするように促します。また、側面を軽くたたいて、犬が音に慣れるようにすることもできます。ただし、たたくたびにご褒美を与えてください。
  7. 最後に、犬にコーンを着けさせたまま、家の中を一緒に散歩してみましょう。座ったり横になったりしてもらい、その動きに慣れさせましょう。その間ずっと犬にたっぷりご褒美を与えて、犬がこの体験を楽しみ、コーンの中で過ごすのを楽しみにするようにしましょう。

すべてのステップを踏むには数週間かかるかもしれません。犬に無理強いするのではなく、トレーニング セッションは短くて前向きなものにし、褒めたりおやつを与えたりすることを惜しまないでください。犬がコーンを必要としないことを望みますが、必要な場合は犬が喜んでコーンをかぶることを知っておくと役に立ちます。

コメントする