「パウトロール」中に水分補給を続けるダックスフントがインターネットで話題に

「パウトロール」を飲みながら水分補給をするダックスフントの動画がTikTokで話題になっている。

この動画は先週、ユーザー@thepizzaweeniesによってソーシャルメディアプラットフォームに共有され、それ以来すでに175,000回以上の視聴回数を記録している。

動画には、窓の外を見つめる子犬と、その横に置かれた水の入ったコップの様子が映っている。その後、ダックスフントが前方を見つめながら、勢いよくコップから水を飲み込む様子が映っている。

動画のテキストオーバーレイには、「パウトロールを飲んで水分補給を忘れずに」と書かれている。

フォロー

💦💦💦 #fyp #hydration #station #quenched #officerbarnaby #lawnenforcement #pawtrolling #dachshund #sausagedog #dachshundsoftiktok #dogsoftiktok #tgif #doglife #sirbarnaby #pizzaweenies

♬ オリジナルサウンド – The 🍕 Weenies

犬の水分補給

犬に必要な水の量は、犬の年齢、体重、活動レベルによって異なります。

世界最大の純血種犬登録機関であるアメリカンケネルクラブ(AKC)の2024年4月の記事によると、体重約20ポンドの犬は通常、1日に10〜20オンスの水を飲む必要があり、特に活動的な日にはそれ以上の水を飲む必要があるという。

母乳から離乳中の若い子犬は、2時間ごとに約半カップの水を必要とします。AKCによると、すでに離乳した年長の子犬は、体重1ポンドあたり1日0.5オンスから1オンスの水を必要とする傾向があります。

子犬にとって、水分補給は体温調節にも重要な意味を持つ。暑い日には、子犬がハアハアと息をしているのを目にするかもしれない。これは、蒸発によって水分を放出し、犬たちが涼しく過ごせるようにするためだ。しかし、ハアハアと息をすることで舌から水分が失われるため、犬は通常よりも多くの水を飲む必要があるかもしれない、と AKC の記事は指摘している。

子犬が十分な水を飲んでいて、脱水症状を起こしていないか確認することが重要です。以下は、獣医の緊急および重篤なケアの専門家である AKC の主任獣医責任者であるジェリー・クライン博士が 2024 年 3 月の AKC の記事で概説した、犬の脱水症状の兆候の一部です。

  • 皮膚の弾力性の低下
  • 食欲減少
  • 下痢を伴うまたは伴わない嘔吐
  • エネルギーレベルの低下と無気力
  • 息を切らして
  • くぼんで乾いたように見える目
  • 乾燥した鼻
  • 乾燥してベタベタする歯茎
  • 濃い唾液

TikTokユーザーの反応

TikTokユーザーたちは、この動画に映る水分補給が行き届いた犬に喜びと感動を覚えた。

スザンヌさんは「パウパトロールは大変な仕事です!!」と書き、一方ユーザーのTik tezさんは「仕事に注目」とコメントした。

チャド・ドールはこう書いている。「仕事中に飲酒していても、決して仕事をやめなかった!」

Allie_WeenieDogPack さんは次のようにコメントしました。「水分補給は最も重要です! 水の波紋!!!」

69_Cataleya さんは「あぁ、赤ちゃんの世話をしなきゃ」と投稿しました。

コメントする