アリゾナ州の犬保護施設、熱波の中、安楽死を止めるよう支援を要請

夏の暑さが州内に到来し、安楽死リストが伸び続ける中、アリゾナ州の保護施設はソーシャルメディアで動物たちの引き取り手を求めて必死の訴えを行った。

全国の動物保護施設と同様、マリコパ郡動物保護管理局 (MCACC) も数百匹の収容能力を超えている。犬舎は犬を 1 匹は中に、もう 1 匹は外に 24 時間入れるというように分けなければならず、州は「過酷な」暑さに見舞われ続けているため、保護施設は犬を涼しく保つためにあらゆる手段を講じている。しかし、使用されているスワンプ クーラーは持続可能ではない。

@sarah.and.thedogs が 6 月 11 日に投稿した Instagram 動画では、MCACC の 3 つの施設で 100 度を超える気温の中で動物たちがどのような生活をしているのかが垣間見られます。MCACC システムには 800 匹以上の動物がおり、あらゆる年齢、品種、サイズの犬が里親を募集しています。

悲惨なキャプションは「アリゾナ州は危機に瀕している」という一文で始まり、今後数週間で混雑がさらに悪化すると予想されている。

サラさんは、花火大会と独立記念日が近づいているため、保護施設にはさらに多くの犬が収容されることになると予想していると語った。準備として、保護施設は現在、犬を安楽死リストに追加しており、そのためサラさんは里親や里親を名乗り出るよう呼びかけている。

「過密状態のため、MCACCはより多くの犬を安楽死リストに載せ、その数を減らすことに決めた」と彼女は付け加えた。「今は悲惨な時期だ」

現在、MCACC のウェブサイトに掲載されている 67 匹の動物は「優先」と見なされており、保護施設がすぐに引き取り先を見つけられなければ、安楽死の危険にさらされている。行動上の問題や医療上の配慮に対する特別な支援が必要な動物もいれば、保護施設の環境で苦しんでいる動物もいる。

アメリカ動物虐待防止協会によると、米国の保護施設には毎年630万匹のペットが収容されており、これは1日平均1万7260匹に相当します。24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、ペットシェルターに収容された犬と猫の数は2023年1月に4万6807匹に達し、2022年1月と比較して1744匹増加しました。

毎年、約 92 万匹の動物が引き渡されて安楽死させられています。保護施設は、譲渡キャンペーン、避妊去勢プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

この悲痛なインスタグラム動画は月曜日時点で再生回数が約3万回、いいねが773件、コメントが79件に達した。

「動物愛護協会から引き取ってくれるよう頼んでいます!私は去年の12月22日に引き取りましたが、素晴らしい犬を飼うことができて、これまでで最もやりがいのある経験でした!彼は私の心です!どうか命を救ってください!!」と、あるコメント投稿者は共有した。

別の人はこう付け加えた。「かわいそうな赤ちゃんたち。早く土地を買って、できるだけ多くの赤ちゃんたちを救いたい」

コメントする