ペットの飼い主10万人が保険を失う

ネイションワイド・インシュアランスは、「インフレ圧力やその他の要因」により、ペットの飼い主約10万人がまもなく保険契約を失うことになると発表した。

保険会社は金曜日のニュースリリースで、契約を更新しないという決定は「法律と契約に準拠」しており、「会社の長期的な存続と収益性を維持できる」と述べた。

この動きは、調査やその他のデータにより、アメリカのペット飼い主が最近、獣医のケア、用品、ペット保険料のコストの大幅な増加を経験していることが示されている中で行われた。

ネイションワイドは、発表前に120万件の保険契約を扱っており、国内初かつ最大のペット健康保険提供会社であると主張していたが、影響を受けるすべての保険契約は2025年夏までに廃止される予定であると述べた。

「獣医治療費の高騰やその他の要因により、最近、引受条件の変更や、一部の州での商品の撤回が行われました。これは、当社のペット保険事業の将来を財政的に持続可能なものにするために必要な困難な措置です」とネイションワイドの発表は述べている。

「州レベルで実施されるこれらの措置は、法律と当社の契約に準拠しており、ペットの年齢、品種、過去の請求履歴とは関係ありません。これにより、今年の春から2025年の夏までに約10万件の保険契約が更新されなくなります。」

同社はさらに、「影響を受ける保険契約者には、更新しない旨を事前に書面で通知する」と述べた。更新しない契約を決定する際にどのような要素が使用されたかは不明である。

「他の医療分野と同様に、獣医医療サービスの提供コストは上昇し続けています」とカールソン氏は述べた。「その理由には、急性および慢性疾患の治療に使用される医薬品のコスト上昇、電気代、建物の賃貸料/住宅ローン、通信サービスなどの一般的な運営費の増加などがあります。」

北米ペット健康保険協会(NAPHIA)は4月、ペット保険業界の収益が前年比22パーセント増加したと報告した。NAPHIAの事務局長クリステン・リンチ氏は、ペットの飼い主が「獣医治療費の高騰を補うための経済的保護」としてより多くの保険に加入していると述べた。

NAPHIAによると、現在、米国のペット約560万匹が保険に加入しており、その大部分は犬の飼い主が加入している。2024年の平均年間保険料は犬が675.61ドル、猫が383.30ドルだった。

コメントする