彼氏の職場に置き去りにされたパグ犬に女性が最高の反応 – 「おかえりなさい」

カリフォルニア州の女性は、パグ犬が飼い主に彼氏の職場に捨てられたことを知り、完璧な対応をした。

アメリカ動物虐待防止協会によると、米国では毎年約310万匹の犬が動物保護施設に収容されている。そのうち約200万匹が最終的に譲渡され、約71万匹が飼い主の元に戻される。

ほとんどの場合、ベントレーは新しい永遠の家が見つかるかもしれないという希望を抱いて、地元の犬の保護施設に連れてこられたはずです。

しかし、ベントレーが予想もしなかったのは、彼がすでにパグを見つけていたということだ。「パートナーと私はずっとパグが欲しかったのですが、買うのはいい考えだとは思っていませんでした」とステファニーは言う。「大学を卒業する前の最後の週に、パートナーから電話がかかってきてこの知らせを聞いたのです」

ベントレーは保護施設で引き取ってくれる人を見つけたかもしれないが、犬の中にはなかなか新しい飼い主が見つからず、場合によっては安楽死させられる犬もいるのが現実だ。米国では毎年約39万匹の犬が安楽死させられている。

ベントレーがそのような目に遭うなんて、ステファニーには耐えられないことだった。「保護施設に誰かが電話したら、ベントレーは年老いた犬なので、引き取ってくれる人がいなければ、おそらく『安楽死させる』ことになるだろうと分かっていました」とステファニーは語った。

「当時、私はもうすぐ学校を卒業して、彼に必要な愛情と気遣いを与えるための自由な時間が増えて、ついに私たち自身のパグを飼えるようになることを考えていました。」

そこで、彼女のパートナーと話し合った結果、彼がベントレーを家に連れて帰ることに決まり、犬と彼らの人生の新たな章が始まることになった。

今のところ、みんな楽しんでいる。「ベントレーは我が家に幸せだけをもたらしてくれました。本当に神様が送ってくれた祝福だと思っています」とステファニーさんは言う。ベントレーはすっかり我が家になじんでおり、新しい人間の仲間たちはすでにパグの愛らしい癖の数々に夢中になっている。

「彼は間違いなく家にいるのが好きなんです」とステファニーさんは言う。「ちょっと散歩したりそよ風を感じたりするのが好きですが、あまり外に出るのは好きではありません。疲れて足を引きずり始めるからです。家にいるときはお昼寝をしたり、おもちゃで遊んだり、私たちと一緒に映画を見るのも大好きです。」

ステファニーさんはTikTokでベントレー君の物語の動画クリップをシェアし、ハンドルネーム「anie.xo」で、新しいペットの子犬に「お帰りなさい」というキャプションを添えた。

ベントレーの映像を見た人の多くは、そもそもなぜ彼が捨てられたのかと困惑し、怒りを覚えた。「なぜパグを捨てる人がいるのか?」とあるユーザーは疑問を呈し、別のユーザーは「彼はとても悲しそうだ。捨てられたことを理解している」とコメントした。

ベントレーに新しい家を与えたステファニーさんとパートナーへの称賛の声も寄せられた。「あなたたちは素晴らしい」とあるユーザーは書き、別のユーザーは「この小さな赤ちゃんを引き取ってくれてありがとう」と付け加えた。

ステファニーさんは、この動画への反響に驚いている。「彼がこれほどの愛と注目を浴びるとは思ってもみませんでした。私にとっては初めての経験です」と彼女は語った。

しかし、彼女はプライバシーを守りたいと考えており、助けを求めていない。「やっとパグの母親になれてうれしかったし、何よりも、彼にもう一度愛情のある家庭を持つチャンスを与えることができたので、この動画を投稿しただけです」と彼女は言う。「誰かが犬をどこかに置き去りにできるなんて、私には耐えられませんでした」

コメントする