グレート・デーン犬が新生児にどう反応するか「心配」していた母親は何も恐れる必要はなかった

雄のグレート・デーンは体高が最大32インチ、体重が175ポンドにもなり、犬界の巨犬であることは周知の事実です。しかし、その巨体に騙されてはいけません。ある飼い主が、グレート・デーンは小さな赤ちゃんに対してどれほど優しいのかを見せ、人々の心を和ませたことがあるのです。

しかし、息子のヴィンスを家に連れて帰ると、それらの不安はすぐに消え去りました。5歳のグレタは興奮を抑えきれませんでした。しかし、新しい家族には優しくしなくてはならないこともわかっていました。

ミシガン州グランドラピッズ出身のヒューベルさんは、グレタさんが弟と出会った瞬間と、それ以来2人が築いてきた切っても切れない絆を映した愛らしい動画をTikTok(@greta_the_great_)に投稿した。この動画は数日間で29万回以上再生され、2万1000件以上の「いいね!」が付くなど、すでに多くの人の心をときめかせている。

「ヴィンスを家に連れて帰ったとき、グレタはとても興奮していて、尻尾を振るのをやめませんでした」とヒューベルさんは言う。「それ以来、2人は離れられなくなりました。グレタはヴィンスを常に視界に入れておく必要があり、ヴィンスはグレタに夢中です。」

「グレタはいつも穏やかな犬ですが、ヴィンスの周りではゆっくり歩き、落ち着いています。夫が彼女と一緒に地面に横になり、ヴィンスがベビーベッドに入っているときが、彼女が遊ぶ時間だと彼女は知っています。」

忍耐と友好性はグレート・デーン犬の性格の特徴であり、アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)によれば、この犬種は家族に対して非常に愛情深く、子供とも仲良くできるそうです。

彼らは、その大きさだけでなく、常に警戒心が強いことから、究極の番犬です。しかし、AKC によると、何よりも、家族と一緒にいることや新しい友達を作ることが大好きです。

ヒューベルさんは、グレタさんが「優しい巨人」であることも知っていたが、彼女とヴィンスさんの間にすでに築かれた特別な絆は、彼女の想像をはるかに超えるものだった。ヴィンスさんと出会ってから最初の数日間で、グレタさんは自分がヴィンスさんにとって「最高のお姉さん」であり、どんなことがあっても彼のそばにいてくれることを示した。

グレタとヴィンスの素敵な動画をTikTokでシェアして以来、ヒューベルさんはたくさんの反応をもらい大喜びしている。

多くのグレートデーンの飼い主が、自分の子供に対してグレートデーンの忍耐強さを語ってくれました。ヒューベルにとって、この愛情深い大型犬種に対する多くの愛とサポートを目にすることは、とても特別なことでした。

話題になっているTikTokの投稿にはすでに150件のコメントが寄せられ、グレタが新しい兄弟を溺愛していることを称賛する声が多数寄せられている。コメントの1つには「もう彼女の赤ちゃんよ」と書かれている。

別のTikTokユーザーは、「彼らは優しい!グレタは子犬の正確なサイズは知らないかもしれないが、匂いや見た目で子犬だとわかるんだ!」と書いた。

3人目はこう答えた。「この美しい巨人たちを恐れる必要はありません。彼らが一緒に成長していく様子を楽しんでください。」

コメントする