シェルターの危機的状況の訴えを受けて、コミュニティが結集し、1週間で274匹のペットを養子に迎える

前例のないスペースの需要に直面しているタコマ・ピアース郡動物愛護協会は、わずか1週間で274匹の動物が愛情ある家を見つけたことを祝福した。

保護施設は、最近の動物の受け入れ数の急増により悪化した一時的なスペース危機に対処し、犬舎の収容人数を2倍、さらには3倍に増やすという手段に訴えていた。施設内には89の犬舎があり、100匹以上の犬を収容し、残りの犬を里親に預けている。

「私たちの収容能力は限界に達していました」とシェルターの最高経営責任者レスリー・ダルゼル氏は説明した。「状況は即時の対応を必要としており、私たちのコミュニティは信じられないほど寛大に応えてくれました。」

動物愛護協会は6月12日から16日まで1週間にわたり、成犬、成猫、小動物の譲渡料を無料にする譲渡キャンペーンを実施した。この取り組みは地域の注目を集め、すぐに保護施設には人々が殺到した。

「結果は、とても心強いものでした」とダルゼル氏は語った。「家族は毎日列を作り、これらの動物たちに心と家を開きたいと熱望していました。」

しかし、コミュニティの努力はそこで終わらなかった。その後数日間で、さらに多くの動物たちが保護施設から愛情ある家庭へと旅立ち、建物、保護施設、職員の負担が軽減された。

シェルター・アニマルズ・カウントによると、2023年には650万匹の動物が米国の保護施設に入り、2022年の受け入れ数と比較して4パーセント増加した。2023年末の時点で、前年の同時期と比較して11万7000匹の追加犬と猫が動物保護施設にいた。

残念なことに、危機は改善しているようにも見えない。マーケットウォッチによると、2024年時点で、ペットの飼い主の4人に1人が過去12か月間にペットの譲渡を検討したと答えている。

シェルターはソーシャルメディア上で、助けを求める声に応えてくれた地域住民に感謝の意を表し、シェルターの完成前と完成後の素晴らしい写真を共有した。「私たちが要請したところ、皆さんはためらうことなく応えてくれました」とシェルターはフェイスブックで述べた。「ありがとう」

「これは素敵。いい意味で涙が出ました」とコメントしたシモーヌさんは言った。一方、ヴィッキーさんは「子犬たちがみんな幸せそうで嬉しいです。この美しい魂を引き取ってくれている皆さんに感謝します」と書いた。

イベントは成功したものの、保護施設の活動は続いており、動物たちはまだ飼い主を待っている。

「当面の危機は緩和されましたが、私たちの活動は続いています」とダルゼル氏は語った。「動物の譲渡は動物の人生を変えるだけでなく、次に困っている動物たちに避難場所を提供することもできます。」

コメントする