百年前の錯視: 高いIQを持つ人々だけが巨大な鳥の中の釣り人を見ることができます

錯視とは、物体や絵、人物の画像が脳の認識方法を挑戦する、形を変えるような視覚効果です。物理的、生理的、認知的な錯視など、様々な種類があります。人間の脳は物事や画像を異なる角度から異なる認識を形成する能力があります。そのため、錯視は精神分析の分野でも重要であり、物事の認識方法に光を当てる役割を果たします。今回紹介する錯視は、巨大な鳥の中に隠された釣り人を見つけるという巧妙なイラストレーションです。


百年前の錯視: 「釣り話」

このイラストレーションは、グスタフ・ヴァービークの1904年/1905年の「釣り話」というクラシックな作品です。元々は1904年頃に『ニューヨーク・ヘラルド』に掲載されました。この錯視は、「彼が小さな草むらに到達したとき、別の魚が激しく尾を打ちつけて襲いかかる」という説明がされています。この画像は、大きな鳥のスケッチの中に魚を釣っている男を見つけるという難しいパズルです。巧妙に隠された釣り人を見つけることが、この錯視のトリッキーな部分です。


高いIQを持つ人々は11秒以内に巨大な鳥の中の釣り人を見つけることができます

この錯視をじっくりと見て、鳥のスケッチの中に魚を釣っている男を見つけてみてください。男の顔や魚の顔を見つけるのは非常に難しいかもしれませんが、画像を逆さまにすると助けになるかもしれません。最初は、巨大な鳥が男をくちばしで捕まえているように見えます。しかし、絵を逆さまにすると、カヌーに乗って大きな魚を観察している男の姿が現れます。鳥の頭が巨大な魚になり、鳥の体が島に、脚が木々になります。

もし、あなたがこの巨大な鳥のスケッチの中に釣り人を11秒以内に見つけることができれば、それはあなたの優れた知性や高いIQレベルを示しているかもしれません。研究によれば、難しいパズルで脳を鍛えるほど、賢くなる傾向があることが示されています。

色、光、パターンの特定の組み合わせが私たちの脳をだまして、そこにないものを視覚的に認識させることがあります。そのため、錯視は私たちの脳の働きに関する興味深い洞察を提供してくれます。さあ、あなたは巨大な鳥の錯視の中に釣り人を見つけることができましたか?

コメントする