路上に捨てられたヨーキーが新しい飼い主に自分のものだと知らせる方法

路上で見つけた犬を助けに来たルイジアナ州の女性は、その犬が自分のものだと気づいた瞬間を思い出す。

ラファイエットのニュース記者サマンサ・ローレンさんは、嵐の被害を受けた地区で取材中、レオという名前の2歳のヨーキーに出会った。

犬が人間の仲間に対して特に強い愛着を抱くのはよくあることです。犬が部屋から部屋へと人間の後をついて回り、近くに留まることもあります。

ローレンとレオの絆が特別なものになったのは、それが一瞬で生まれたように思えたからです。両者ともそれを強く感じていました。ローレンはレオを家に連れて帰りたいと決め、レオの飼い主の一人に近づきました。その飼い主は「すでに他の犬を飼っている」と言って、喜んでヨーキーを引き取ってくれると言って、犬を手放すつもりでした。

レオとローレンの絆が確かなものとなったのは、彼を新しい家に連れて行く時だった。「レオは見つからなかったんです」とローレンは言う。「私たちは彼を探していたのですが、彼は私の助手席で家に帰るのを待っていただけでした。それが私をさらに泣かせました」

その時、彼女は彼が永遠に自分のものだと悟った。「私はすぐに彼を引き取りました。それ以来、彼は生き生きとしていて、とても愛情深く、世界を恐れません」と彼女は言った。「彼は本当に自分の体の大きさよりも大きいと思っています。」

ローレンさんは、レオが以前の生活を離れて喜んでいた理由がすぐに分かった。レオの体調が悪かったからだ。「私が彼を引き取ったとき、レオはノミだらけで、サナダムシがいて、獣医によると、レオは2歳くらいで、体重は3ポンド痩せているとのことだった」とローレンさんは言う。

ありがたいことに、レオは体重が増え、完全に健康を取り戻しました。レオはローレンにとって初めての犬で、今のところ、まさに理想の犬です。「レオの可愛らしさと穏やかさが私の心をつかみました」と彼女は言います。「私もずっとこの犬種を飼いたいと思っていましたが、私たちはお互いを見つけたような気がします。」

何よりも嬉しいのは、彼は新しい生活にすぐに慣れ、どこへ行っても友達を作ったことだ。「彼はとても愛情深くて幸せです。とても人懐っこく、かわいらしいので道行く人によく呼び止められます」とローレンさんは言う。「今はアパート暮らしを楽しんでいて、もちろんキスをたくさんしたりおやつを食べたりするのが大好きです」

ローレンさんは、自分とレオを「運命」が結びつけたと信じている。「レオは私の人生の完璧なタイミングでやって来ました。レオを見つけるまで、自分が人生で何を逃していたのか全く分かりませんでした」と彼女は言う。「私のように犬の命を救おうとする人を誰かに刺激できればいいなと思います」

コメントする