犬の飼い主は噛まれたマーカーペンの謎に思いを巡らすが、容疑者は明らか

困惑した犬の飼い主は、かみ砕かれたマーカーペンを発見した後、ソーシャルメディアで困惑を共有したが、犯人はそう遠くないようだ。

クロエ(@watercoloursbychloe)がTikTokでシェアしたこの面白い動画には、噛み砕かれて歯の跡でほとんど判別できない紫色のマーカーペンが映っている。そのすぐ近くにはクロエのオーストラリアンシェパードがいて、珍しい紫色の模様があるように見えた。

このTikTok動画は4月22日に投稿されて以来、99万4,700回以上再生され、6万1,900件以上の「いいね!」を獲得するなど、話題になっている。クロエは動画に「マーカーペンを食べたのって誰?」とジョークを飛ばしながらキャプションを付けている。

それでも、誰が犯行に及んだのかは明らかではなく、謎は未解決のままである。

ウェブサイト「ドッグスター」によると、犬が摂取するインクの量によって影響は異なるが、ペン1本分程度の少量であれば犬にとって有毒となる可能性は低いという。舌や毛皮がインクで汚れる可能性はあるが、犬が病気になることはないはずだ。

オーストラリアンシェパードが大騒ぎを起こすことは、他の飼い主、特にこの子犬がいかに活発でいたずら好きかを知っている飼い主にとっては、驚くことではないかもしれません。

アメリカン ケネル クラブ (AKC) によると、この犬はエネルギー レベルをコントロールし、頭を刺激するために毎日かなりの運動が必要です。また、長時間放っておくと破壊的になる可能性があるため、十分な仲間がいると元気に育ちます。

オーストラリアン シェパードは長い散歩や柵で囲まれた庭での走り回りを楽しむことは間違いありませんが、果たすべき役割を与えられることが何よりも好きです。 AKC は、牧畜、子供の世話、アジリティーや服従などの犬の競技への参加を推奨しています。

誰がマーカーペンを噛んだのかという謎は確かにネット上で注目を集めており、いたずら好きな子犬にとって幸運なことに、多くのソーシャルメディアユーザーが擁護に駆けつけました。

飼い犬の生意気な行動にイライラしたクロエは、キャプションに「オーストラリアンシェパードを飼っています。良い家に無料で引き取ってもらえます」と冗談を添えた。

翻訳:

オーストラリアンシェパードが入手可能、良い家に無料で引き取られます🙃 #aussie #australianshepherd #dogsoftiktok #dogtok #mydogisanidiot #stupiddog #dogsintrouble #fyp #foryou #fypシ゚viral

♬ おもしろい – ゴールドタイガー

この動画には200件以上のコメントが寄せられ、多くの人が犬の仕業ではないと主張し、飼い主は謎が解けたと考えるべきではないと主張した。

あるコメントには、「現時点では証拠がない」と書かれています。

証拠は豊富にあるにもかかわらず、別の人物は「それは永遠に解けない謎かもしれない」と語った。

「彼女は新しい髪色にしたかったんだ」とあるTikTokユーザーは冗談を言った。

別のTikTokユーザーはこう書いた。「うーん、全然分からない。誰だったんだろう? 私にはただ最高の犬にしか見えない。」

コメントする