母親が4歳の子に犬が「虹の橋を渡る」時が来たことを知らせる方法

あるシングルマザーが、4歳の息子に、愛犬が「虹の橋を渡る」時が来たと告げた時の悲痛な瞬間を語った。

アメリカ人のほとんどはペットを家族の一員だと考えています。2023年にピュー研究所が約3,000人のペットの飼い主を対象に行った調査では、51%がペットを人間の親戚と同じくらい家族の一員だと考えていることがわかりました。

シェルビー・アーキベックの愛犬ベラは、それ以上の存在でした。出会った瞬間から、14年間一緒に過ごした親友であり、寄り添い合う相手であり、心の相談相手でもあり、絆が生まれました。

ベラの元の飼い主は、ベラがアーキベックを選んだのだと冗談を言い、ひねりを利かせて子犬を無料で渡した。「飼い主はお金を受け取ってくれませんでした」と彼女は思い出す。「ただベラを私に渡し、この絆を断ち切ることはできないと言ったのです。」

この絆は、その後の10年間の浮き沈みを乗り越えるアーチベックさんの助けとなった。依存症と回復の10年間だったが、その間にたくさんの幸せな時間もあった。「彼女はボール遊びや水泳、車に乗るのが大好きでした」とアーチベックさんは語った。

最も幸せな瞬間は、クッキーモンスターという愛称で呼ばれるアーキベックさんの息子の誕生でした。「息子はベラと一緒に育ったので仲良しです」とアーキベックさんは言います。「息子は自閉症で、普通の脳のように感情を処理できません。一人っ子なので、ベラのことを妹と呼んでいました。」

先週末の出来事は関係者全員にとって非常に困難なものとなった。実のところ、アーチベックはベラの健康状態が深刻に悪化していることをしばらく前から知っていた。「彼女は先月鎮痛剤を飲んでいたが、もう効いていないようだった」と彼女は回想する。「彼女がこれ以上苦しむのを見るのは耐えられなかったので、思い切って難しい決断を下した」

そして、また別のつらい瞬間が訪れた。アーチベックさんは息子にその知らせを伝えなければならなかったのだ。「ひとり親になるのは本当につらいことでした」と彼女は語った。「息子は父親を知らないので、パートナーの力があれば本当に助かるのですが、私にはそれがないのです。」

しかし、彼女は会話を続ける決心をしていました。

「息子に死は人生の自然な一部だと理解してもらうことが私にとって本当に重要でした」と彼女は語った。「息子に死を恐れてほしくはありませんが、人生は有限であり、地上で過ごせる日数は限られていることを理解してもらいたいのです。私たちがこの世で過ごす時間をどう過ごすかが本当に重要なのです。」

その会話は先週、ユーザー名@mamadontbreakでTikTokに投稿された動画で展開され、その中でアーキベックさんは息子に、ベラちゃんが「虹の橋を渡る」時が来たと説明していた。

息子は動揺していたが、愛犬を苦しみながら生き続けさせるよりは、こうするしかないと彼女はわかっていた。「息子にはベラとの楽しい時間を思い出してもらいたかったし、ベラの死がトラウマになるような出来事になってほしくなかった」と彼女は語った。

その代わりに、家族は最後の特別な日を一緒に過ごした。「彼女を湖に連れて行き、彼女は1年以上ぶりに笑顔を見せました」とアーチベックさんは思い出した。「彼女はただ水の中に横たわっていました。公園に連れて行ってボールを投げさせましたが、彼女はただそれを見つめているだけでした。その後、マクドナルドに行ってパティを2枚買ってあげました。」

ベラはその日のうちに安楽死させられました。ベラは亡くなりましたが、決して忘れられることはありません。アーチベックさんは、ベラと息子がペットの死を知った話が、ペットを飼っている他の家族に、子供たちもペットとのお別れのプロセスに参加するよう促すきっかけになればと願っています。

「ペットが亡くなったことを子どもに告げるだけでもトラウマになるが、もし子どもに警告を与え、最期の瞬間を過ごさせてあげることができれば、人生で最も避けられないことの一つである死について、非常に強い学習体験となるだろう」と彼女は語った。

「誰かがコメントに残した言葉が本当に心に響きました。『愛するペットを虹の橋の向こうへ送り出すことは、最後の最大の愛の行為です。』とてもほろ苦いけれど美しい言葉だと思います。」

コメントする