救助犬が予期せぬ敵から家族を守る、笑える瞬間

犬が人間の最良の友であるのには理由がある。それは、常に人間と寄り添い、強い忠誠心を持ち、どんな脅威からも人間を守ろうとする意志を持っていることだ。保護されたウエストハイランドホワイトテリアにとって、その「脅威」にはテレビに映るカメの映像も含まれる。

ハミッシュが画面上の他の動物に対して完全な不信感を抱いている様子を映した動画が、6月3日にルークさんのTikTokアカウント@the.doris.diariesでシェアされ、15万回近く視聴されている。

動画では、カメが食べたり、歩いたり、ただ存在しているだけのモンタージュがテレビで流れ、ハミッシュは最初におもちゃを攻撃し、次にテレビに向かって飛び上がり、うなり声をあげて吠え、その背景でルークが笑っている。

一方、ドリスはカメたちやハミッシュのことなどまったく無視して、のんびりとよちよちと歩き回っています。

「彼はとても愛情深く、抱きしめられるのが大好きです」とルークさんは語り、ドリスは兄とは違い「どんな動物とも仲良くでき、本当に人懐こい」最もおおらかな犬だと付け加えた。

ウエストハイランド・ホワイト・テリアは世界中で人気のある家庭のペットであり、アメリカン・ケネル・クラブのデータによると、米国では2023年に43番目に人気のある犬種となった。

ウェスティは、AKC によって、家族に対してとても愛情深く、幼い子供と仲良くできる犬として説明されており、賢く、自信に満ち、面白い犬として知られています。ウェスティはもともとネズミを狩るために飼育されていましたが、ルークの話題の動画に見られるように、今でも独立心と自立心が旺盛です。

ティックトックのユーザーたちはハミッシュのテレビに対する反応に大笑いし、あるユーザーは「テディに八つ当たりしている」と冗談を言った。

別の人は、自分のウェスティも同じことをしたと書いていました。「テレビを壁に掛けなければなりませんでした。」

3人目のユーザーは、ハミッシュは「前世でカメに襲われたに違いない」と投稿した。

「彼らはただ面白い犬なので、話題になったことにそれほど驚きませんでした」と飼い主は付け加えた。

「皆さんの反応には本当に満足しています。皆さんとても笑ってくれているようです!」

コメントする