ビーチの犬のおもちゃの横にある悲痛な看板にネットで号泣

ある男性の海岸への旅は、悲痛な標識のある記念碑に遭遇し、予期せぬ展開を迎えた。

再生回数68万回以上を記録したこの動画は、TikTokアカウント@sans.tvでシェアされたもので、男性が木製のバスケットに手を伸ばし、束の中からテニスボールを1つ掴む様子が映っている。しかし、これはただのボールではなく、5月23日に亡くなったゴールデンレトリバーのライリーが持っていたボールだった。

悲しみに暮れる飼い主は、犬の写真と次のようなメモが入った紙を印刷した。「ライリーのボールを一つ、思い出に残してください。一緒に過ごす毎日を楽しんでくださいね!!」

アメリカン ケンネル クラブ (AKC) によると、ゴールデン レトリバーの平均寿命は 10 ~ 12 年です。この遊び好きな犬は、人懐っこく、見知らぬ人にもオープンなことで知られています。ライリーの魂はビーチに生き続けていると言う人もいるかもしれません。

7万5000件以上の「いいね!」が付いた動画の中で、TikTokユーザーが飼い主の愛犬マイリーにボールを投げている様子が映っている。その後、別の子犬が「興味を示した」ため一緒に登場。動画に重ねられたテキストには、飼い主がボールを返そうとしたが、飼い主が「それは私たちのものではない。あれはライリーのものだった。今度は君たちのものだ」と言ったことが書かれている。

コメント欄に男性はこう書いた。「ライリーは私の娘ではない。彼女に敬意を表して、彼女のテニスボールで遊んだだけだ」

ライリーを偲んで喜びを広めるというコンセプトは、インターネット上で涙を誘った。この記事を書いている時点で、3,100件以上のコメントが寄せられている。

「ライリーが愛された犬だったことがわかります」とあるユーザーは述べた。

別の人は「とても悲しいけど、ライリーを祝福してください」と書いた。

「みんなが犬とボール遊びをしているのを見ながら、ライリーは天国でボール遊びをしているんだろうなと思う」と3人目のコメント投稿者は付け加えた。

このボールが多くの飼い主やペットを楽しませることは間違いないが、犬はそれぞれに個性があると AKC は言う。獲物を模した柔らかいおもちゃやキーキー鳴るおもちゃを好む犬もいれば、噛みごたえのある硬いおもちゃを好む犬もいる。また、ライリーのようにボールを追いかけたり取り戻したりすることを楽しむ犬もいる。

AKC のウェブサイトでは、おもちゃの好みは時間とともに変化することもあると指摘しています。子犬は歯が生えている間はゴム製の噛むおもちゃを好むことが多いですが、老犬は持ちやすく引っ張りやすい柔らかいおもちゃを好むのが普通です。成犬になると、太いロープや硬いゴムボールなど、より耐久性のあるおもちゃが必要になる場合があります。おもちゃを壊す癖のあるペットは、飲み込むと危険があるため、飼い主はおもちゃを扱っているペットを監視するよう勧められています。

コメントする