飼い主が引っ越して手放した「家族犬」、家を探す

5歳の犬は、飼い主が引っ越して連れて行かなくなったため、新しい家を探しています。

チャーリーは、家族と過ごした後、現在はフロリダ州ダニアビーチのブロワード郡動物愛護協会で暮らしています。

続きを読む: ペットオーナーに最適なポイント還元クレジットカードを比較

火曜日、チャーリーとバーディーという名の別の犬の動画がインスタグラム(@humanebroward)で話題となり、19万2000回の再生回数を記録した。映像では、ピットブルのミックス犬2匹が、しっぽを振りながら元気いっぱいに檻のドアの前で辛抱強く待っている様子が映っている。

「この2匹の犬たちも、保護施設で待っている他の犬たちも、ただ愛情を注いでくれる家族を望んでいるだけです」とワクターさんは言う。

キャプションの抜粋では、白黒のチャーリーは「素晴らしい家族犬」で、以前の飼い主と一緒に過ごすのが大好きだったと説明されている。彼には愛情と気遣いをたっぷり注いでくれる家が必要だ。

シェルター動物カウント全国データベースによると、飼い主が引き渡す数はわずかに減少しているが、これはシェルターが満員で新しいペットを受け入れられないためかもしれない。一方、野良犬の受け入れ数は2022年から5パーセント、2021年から23パーセント増加している。この変化は、野良犬としてシェルターに入る犬の中には、飼い主が世話できなくなった捨てられたペットがいることを示唆している。

彼女はこう語った。「バーディーは6月6日にやって来ましたが、少し恥ずかしがり屋です。とても人懐っこいのですが、リードをつけて歩くことはありません。バーディーが新しい家に馴染むためには、時間をかけて世話をしてくれる辛抱強い家族が必要です。」

「バーディーはフィラリア症にかかっているので、新しい飼い主は治療のために保護施設に連れ戻す意思がなければなりません。この命を救う治療の費用は保護施設が負担します。」

カバーされるのはこれだけではありません。養子縁組の費用は、フロリダを拠点とするピットブル救助プログラム「ドリーズ・ドリーム」が負担します。養子縁組希望者にとっては素晴らしいニュースですが、インスタグラムのユーザーはチャーリーがここにいる理由にあまり感心していません。この記事の執筆時点で、この動画には 29,400 件を超える「いいね!」と 400 件のコメントが集まっています。

「引っ越しを理由にペットを手放すなんて、絶対に許せない。それは1000%本人の問題で、その決断を下したのは本人だ。ペットは死ぬまであなたの人生の一部。それが受け入れられないなら、ペットを飼うのはやめなさい。絶対に」とあるユーザーは述べた。

別の人はこう言いました。「引っ越すからって犬を手放す人がいるなんて!?理解できない!犬なしで引っ越すことは考えない。休暇を取って犬を預けるのは大変だ!!!!!絶対に無理」

3人目のコメント投稿者はこう書いている。「彼らが思いやりがあり、愛情深く、活動的な家族に恵まれることを祈ります。彼らは本当に恵まれるに値します…」

コメントする