悲嘆に暮れる犬が食事をやめる、幼児が助けようとしたことで皆が涙

悲しみに暮れる犬は、2歳の子が犬に何が必要かを正確に理解したことで、とても心温まるサポートを受けました。

悲しみに暮れる子犬オリバーは妹の死後、食事をやめ、悲しみと憂鬱の兆候を見せた。犬が食事を拒否したことで家族は心配したが、解決策を提示したのは幼い息子だった。オリバーにスプーンで食べ物を与えたところ、オリバーは食べ始めた。

続きを読む: ペットオーナーに最適なポイント還元クレジットカードを比較

ミニチュア人間からの気遣いがオリバー君を助けたようで、6月15日にTikTokに投稿された動画ではスプーンから食べており、その動画は93万7000回以上視聴されている。

犬も人間と同様、仲間を失った後には深い精神的苦痛を経験することがあります。少女がオリバーに優しく食べ物を差し出し、オリバーは悲しみにも関わらずスプーンでビスケットを受け取ったことから、彼女と動物とのつながりがはっきりとわかりました。

「彼女が彼に餌を与えようとしているのを見たとき、私は心が溶けました」と飼い主の@nursetc92さんは動画にコメントした。このシンプルだが深い思いやりの行為は、人々がその瞬間に反応し、ネット上の視聴者の心を溶かした。

「ああ、彼のもう一人の妹が彼の面倒を見ているんだ。大丈夫だよ」とGemsFromAGeminiさんは投稿した。視聴者のメルさんは「彼女は彼が今必要としている方法で彼を愛しているんだ。お悔やみ申し上げます。あなたたちは素晴らしい人たちのように見えます」と付け加えた。

続きを読む: 子供とティーンに最適な貯蓄口座

イタリアのミラノ大学の研究者らが2022年に発表した研究は、犬は愛する人を失うと深く悲しむという考えを裏付けている。犬を亡くしたが、もう一匹の子犬はまだ生きていた400人以上のイタリア人成人を対象としたこの研究では、飼い主の86%が生き残った犬の行動に大きな変化が見られたと分かった。これらの変化には、食事が減ったり、睡眠が増えたり、遊びに興味がなくなったりすることなどが含まれていた。この研究は、悲しんでいるペットの感情的なニーズを認識し、それに対処することの重要性を強調している。

他のコメント投稿者も、家族と悲しんでいる犬に同情の意を表した。「本当にお悔やみ申し上げます。あなたの赤ちゃんは本当にかわいい子です」と視聴者のエリカ、ルナ、ポピー&ピーチはコメントし、ジェニー・ジェン26は「いつもみんなの協力が必要です!皆さんがこの状況を乗り越えられるよう祈っています」と書いた。

悲嘆に暮れる犬がネット上で人々の心を傷つけたのはこれが初めてではない。今年初め、インターネットユーザーらは、親友のハムスター、バリーの死に苦しんでいたコッカープーのボビーに同情した。

コメントする