救助者がリサイクルビンを開けると、ヌテラの瓶に閉じ込められた誰かを発見します

ある日、イギリスのメドステッドに住む住民がリサイクルビンを開けたとき、彼は奇妙な光景を目撃しました。

空のガラス瓶の山の上に、半分ほど中身の残ったヌテラの瓶が置かれていました。遠目にはヘーゼルナッツスプレッドのように見えましたが、近づいてみると、それは食べ物ではないことが分かりました。

瓶の中には茶色のトゲトゲが詰まっており、それが動いていました。

その動物好きの住民はヌテラの瓶を手に取り、すぐにHART Wildlife Rescue(HWR)へと向かいました。彼は瓶の中に誰がいるのかを確認した瞬間から、その生き物を助ける決心をしていました。

「この可哀想なハリネズミは、どうやら自分で瓶の中に入ってしまったようです」とHWRはFacebookの投稿で述べました。「彼女がガラス瓶の中に入った経緯は分かりませんが、見つけてもらえて本当に運が良かったです!」

ハリネズミは自力で出ることができず、HWRのチームは手動で彼女を救出する計画を立てました。しかし、恐怖から丸まってしまい、見えるのは鋭いトゲだけでした。

可哀想なハリネズミはストレスを感じており、チームはさらにストレスを与えないよう慎重に行動しました。

重機を使って瓶を割るのではなく、HWRの野生動物ケア担当者であるオリビアさんが、コーヒースティックを使ってハリネズミの背中を軽く引っ掻き、瓶の中で丸まっている彼女を解きほぐすことにしました。ハリネズミが解きほぐれると、チームは前足をつかんで、ゆっくりと瓶から引っ張り出すことができました。

幸いにも、ハリネズミは追加のストレスや怪我なく無事に救出されました。

HWRのチームは新しい友達を温かく迎え入れました。彼女には専用のケージが用意され、温かくしてもらい、十分な食事を提供され、幸せに過ごしています。

救出直後、HWRのチームはハリネズミが内寄生虫と戦っていることを知り、すぐには野生に返すことができませんでした。現在もHWRで治療を受けており、日に日に元気になってきています。

チームは彼女が健康を取り戻し、野生に返す日を心待ちにしていますが、しばらくは彼女と過ごすことができる時間を楽しんでいます。

そして、彼女が元の生活に戻る日が来るまで、チームは彼女を応援し続け、再び瓶の中に入らないように注意するよう教えています。

コメントする