男性、90ポンドの犬のために飛行機で追加座席を購入:「個人的な快適さのため」

最近の飛行機では大型犬が人間と同じ席に座り、優雅に旅をしていた。

アメリカン・アキタ犬のダマスカスは、貨物箱で輸送される代わりに、飼い主の隣に自分だけの席を確保し、充実した旅行を楽しんだ。

続きを読む: 旅行に最適なポイント還元クレジットカードを比較

6月4日にTikTokアカウント@bigdogsgotoheavenで共有された動画では、カメラが混雑した飛行機の中をパンし、目を閉じてハアハアと息を切らしながら休んでいる巨大な犬を映し出している。犬は真ん中の席に座らざるを得なかったが、あまり気にしていないようだった。

続きを読む: ペットオーナーに最適なポイント還元クレジットカードを比較

この短い動画は信じられないほど人気が​​あり、110万以上の「いいね!」を獲得し、460万回以上視聴され、ユーザーらが動画に群がってダマスカスを「夢の隣国」と表現した。

フォロー

♬ ヘル・アンド・バック (feat. サマー・ウォーカー) – バカール

「とてもリラックスしているようだ」とあるユーザーは書き、別のユーザーは「これで飛行機恐怖症が治るだろう。怖いときにつかまれる小さな足だ」とコメントした。

「飛行機で犬の隣に座るのが私の夢です」と投稿した人もおり、そのフライトを「10/10」と評した人もいた。

続きを読む: 旅行用クレジットカードの選び方

ダマスカスのオーナーがどうやって彼に席を確保できたのかと尋ねる人もいた。オーナーはコメントの中で、追加の席を購入し、乗客IDを提示する代わりに「超過手荷物か個人の快適さ」を選んだと答えた。

飛行機の中で猫や特定の種類の犬などの小動物を見かけることは珍しくありませんが、キャリーバッグに入れられていることが多いです。しかし、アメリカン・アキタは決してコンパクトではありません。

アメリカン・ケネル・クラブによると、成犬になると体重は70~130ポンド、体高は28インチまで成長する。ダマスカスの飼い主はコメントで、ペットの体重は90ポンドを超えていたと明かした。

航空会社によって飛行機での動物の輸送に関する規則は異なり、ユナイテッド航空では、介助動物のみがキャリアなしで飼い主と一緒に飛行することを許可している。

TikTokユーザーは、自分のページではカリフォルニアにいると述べているが、動画の中でどの航空会社か、またどの国を旅行していたかは明かしていない。しかし、コメント欄で、自分が糖尿病を患っているため、ダマスカスが介助犬として働いていると言及した。

しかし、ペットを貨物に乗せずに旅行したい飼い主にとって、状況は変わりつつある。6月に、犬専用の航空会社であるバーク・エアが、まもなくパリ、ロンドン、ニューヨークなどへ就航すると発表された。

犬に優しい心地よい音楽と落ち着いた色彩で準備された飛行機で、犬はキャリーを必要とせずに飼い主と一緒に旅行できるようになります。

バーク・エアの初飛行は5月に行われ、新路線は10月に開始される予定だ。

コメントする