ヨーロッパでハイキング中のカップルが飢えた犬を発見、現在はコロラドで最高の生活を送っている

コロラド州出身のカップルがモンテネグロでハイキング休暇を過ごしたが、地元の野良犬が彼らと仲良くなり、連れて行かなかった。

投稿者のシェイリンさんと夫は、6月初めにTikTokで「shaylingandhi」というユーザー名で共有した動画で心温まる物語を語り、その動画はソーシャルメディアで急速に広まっている。

この動画には、ヨーロッパの山中で初めて出会ったときの、現在カーラと名付けられた子犬のとても痩せた姿の写真がいくつか掲載されており、その後、カーラが夫婦の双子ともう一匹の犬たちの姉としての地位を楽しんでいる現在の写真が続く。

すると、どこからともなく、とても痩せた犬が茂みから飛び出してきて、彼らの前に現れました。彼らは、何が起こったのか信じられませんでした。

「彼女はとても怖がっていて恥ずかしがっていましたが、死にそうな様子だったので、私たちは残ったピザを彼女にあげました。彼女はすぐにそれを食べて、すぐに怖がらなくなり、実際、その後2マイルも私たちの後をついて来ました。」

やがて、彼らは羊飼いの小屋に着き、羊飼いは、この犬が羊を悩ませ続けていたために杖で追い払っていた犬だと認識していると彼らに話した。

「彼はいつも彼女を追い出そうとしていたと話していたので、私たちは彼女をそこから連れ出すことにしたのです!」と投稿者は付け加えた。

「その後の3日間、私たちは公園を25マイルほど歩きましたが、彼女はずっと私たちの後をついて回り、毎晩テントの外で寝ていました。何度か姿が見えなくなり、迷子になったと思ったらまた私たちを見つけてくれました。私たちはハイキング中ずっと彼女に餌を与え、最後には、持っていた小さなロープで作った小さな首輪とリードを彼女につけさせてくれました。

「夫の両親が私たちを迎えに来たとき、犬を連れていたことに驚いていました。でも、冬になったら犬が生きていけないと思ったので、家に連れて帰ることにしました。」

夫婦はモンテネグロからイタリアまで彼女を連れて車で移動し、帰国便の出発地となった。途中サラエボに短時間立ち寄り、ワクチン接種と「ペットパスポート」を取得して彼女を自宅に連れて帰れるようにした。

「私たちは翌年に結婚する予定だったので、まずは一緒に少し旅行したいと思い、家ではしばらくバンで暮らしていました。カーラは私たちと一緒にアラスカに行きましたが、その間に彼女の体重は26ポンドから42ポンドに増えました。

「驚いたことに、彼女は痩せていたにもかかわらず、長引く健康上の問題はないようでした。コロラドに帰って家を購入し、結婚しました。結婚式では彼女がリングベアラーを務めてくれました。」

やがて二人には双子の娘が生まれ、カーラは6年近くもの間、彼女たちにとってとても優しくて素晴らしいお姉さんでした。

「彼女は9歳になり、かなり動きが鈍くなりましたが、私たちが今まで出会った犬の中で一番穏やかで幸せな犬です。ソファで私と一緒に寝て、執筆を手伝うのが大好きです(私は作家で、恋愛小説や女性向け小説を書いています)。彼女は誰もが望む最高の執筆仲間であり、私たちは彼女とこれからもずっと一緒にいたいと思っています。」

翻訳:

救助犬は最高の犬です ❤️🐕 #dogsoftiktok #rescuedog #モンテネグロ #ハイキング #dogsofttiktok

♬ 遊びやゲームなどのポジティブなBGM(1251730) – earbrojp

アメリカ動物虐待防止協会によると、米国の保護施設には毎年630万匹のペットが収容されており、これは1日平均1万7,260匹に相当します。24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、ペットシェルターに収容された犬と猫の数は2023年1月に4万6,807匹に達し、2022年1月と比較して1,744匹増加しました。

マコーム動物愛護協会によると、犬が引き渡される最も一般的な理由としては、年齢、アレルギー、行動上の問題、掃除、費用、引っ越し、新しいペット、抜け毛などが挙げられる。

毎年、約 92 万匹の動物が引き渡されて安楽死させられています。保護施設は、譲渡キャンペーン、避妊去勢プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

この動画はソーシャルメディアで瞬く間に広まり、TikTok全体で視聴者を獲得した。これまでに同プラットフォーム上で136,600回以上の視聴と16,400件以上のいいねを獲得している。

コメントする