犬の飼い主が、ペットが食べた最も過激なものを明かす ― そして生き延びた

犬の飼い主なら誰でも確実に知っていることが一つあるとすれば、それは犬は歯が入るものなら何でも噛むのが大好きだということです。お気に入りの靴でも、残しておいた食べ物でも、もちろん、破ってはいけない装飾用のクッションでも構いません。

彼らは本当に気難しい子ではないので、何でも好きなものを噛んでくれます。

これはミネソタ州の犬の飼い主ディロン・ホワイトさんが日々直面している闘いの一部だ。彼は、自分の2匹の犬が食べた数え切れないほどの食べ物をインスタグラムのリールでシェアした。それでも犬たちはまた同じことを繰り返す可能性が高い。

5月28日に投稿されたこの動画は、すでにインスタグラムで870万回以上再生され、26万件以上の「いいね!」を獲得している。

かじられた物のリストには、MacBook Pro、色鉛筆、アンティークの籐椅子、ホットドッグのパンのパック、コーヒーの缶、そしておそらく最も印象的なのは窓が含まれていました。言うまでもなく、ソーシャルメディアのユーザーは、この長い成果のリストに驚嘆し、生意気な子犬たちもとても満足そうでした。

犬が、噛んではいけないものを噛むのが好きなのには、さまざまな理由があります。子犬にとって、噛むことは周囲の世界を探索する楽しい方法です。アメリカ動物虐待防止協会 (ASPCA) によると、年老いた犬は顎を強くし、歯を清潔に保つために、噛み続ける可能性があります。

問題をさらに防ぐ方法を考える前に、犬が噛む理由を特定することが重要です。一般的な原因としては、分離不安、布を吸うこと、空腹、歯が生えること、精神的刺激の不足、ストレスなどが挙げられます。

解決策は原因によって異なりますが、ASPCA は、毎日の散歩や他の犬との交流、トレーニング クラス、パズル トイなどにより運動量を増やし、精神的な刺激を維持することを推奨しています。また、ストレスやフラストレーションが原因の場合は、犬を不安にさせるような状況にさらさないようにし、分離不安の兆候がないか探してください。

Thrive Pet Healthcare Specialists の医療ディレクター、レスリー・バウアー氏によると、噛むのは退屈と好奇心の結果であることが多いそうです。もし、噛んではいけないものに歯を入れてしまった場合は、すぐに獣医に相談することをバウアー氏は勧めています。診察が早ければ早いほど、「獣医が胃から異物を取り除ける可能性が高くなります」。

「ゴミ箱や洗濯かごなどの物は、必ず閉じたドアの後ろに置くか、蓋がロックできるようにしてください」と彼女は続けた。「犬がかじりたがる家庭用品がある場合は、手の届かないところに置くか、閉じたドアの後ろに置いてください。」

この投稿をInstagramで見る

Dillon White (@dillonmichaelwhite) がシェアした投稿

Instagramの反応はどうでしたか?

幸いなことに、ホワイトさんは愛犬の行動が面白いと分かっているようで、「救急獣医さんが新しい棟に私たちの名前をつけてくれるのをまだ待っている」と冗談を言ったほどだ。何度も通っているのだから、きっと時間の問題だろう。

ホワイトさんは、自身の生活や面白い考えについての動画をソーシャルメディア(インスタグラムでは@dillonmichaelwhite、TikTokでは@dadchats)で定期的にシェアしている。しかし、どうやら彼の2匹の犬の動画は多くの注目を集めているようで、ネット上では彼らのいたずらっ子ぶりが飽きないようだ。

話題になっているインスタグラムのリールには、すでに3,900件以上のコメントが寄せられており、多くのユーザーが詳細を知りたがっている。コメントの1つには、「この窓についてじっくりと語ってもらう必要があると、私は皆さんを代表して言いたい。なぜなら、私たちには疑問があるからだ。たくさんの疑問があるから」とあった。

別のインスタグラムユーザーは「時々犬が欲しいと思うけど、こういう話を聞いて考え直す」と書いた。

一方、別の人は「エキゾチックな食欲。食物繊維が豊富。砂糖が一切入っていないものがほとんどだ」と冗談を言った。

しかし、犬たちが犯人だと誰もが確信しているわけではない。あるソーシャルメディアユーザーは「わからないけど、犬たちはまったく無実に見える」とコメントした。

コメントする