疥癬にかかった救助犬、里親宅で初めてのお風呂に入る:「感謝」

保護犬が初めての医療用入浴を受ける愛らしい瞬間をソーシャルメディアユーザーが見て、ネット上では心が溶けた。そして、犬がその一瞬一瞬を楽しんだと言っても過言ではない。

続きを読む: ペットオーナーに最適なポイント還元クレジットカードを比較

グロリアと名付けられたこの犬は、皮膚の治療が必要なのは明らかでした。そのため、何らかの処置をする前に、ダンさんはこの犬を獣医に連れて行き、週に数回、薬用の入浴を与えるよう勧められました。

「初めてお風呂に入れたとき、とても感謝しているようでした。とても落ち着いていて、優しく洗ってあげるとリラックスしているようでした。きっと肌が気持ちよかったのでしょう」とダンさんは言う。「毛が生えてきて、かさぶたが減っていくのを見るのが楽しみです。すでに、ほんの数日で、毛並みがよく見えるようになり、抜け毛もかなり減りました。でも、彼女の気持ちは変わっておらず、相変わらず元気で幸せそうです」

疥癬は、微小なダニによって引き起こされる寄生性皮膚疾患です。VCA 動物病院は、通常、免疫系が完全に成熟しておらず、皮膚ダニが急速に増殖する可能性があるため、生後 18 か月未満の犬に発生するとしています。ただし、病気や栄養失調により免疫系が弱まると、成犬でも発生することがあります。

通常、脱毛は犬の顔の目の付近から始まり、広がると全身に斑点が現れることがあります。

先月グロリアが保護されたとき、バーリントン動物保護局は、確証は持てなかったものの、グロリアの生後約9~10週と推定していた。しかし、獣医の診察で、この推定は現実とはかけ離れていることが判明した。グロリアは実際には1歳以上の成犬だったのだ。

幸いなことに、グロリアは日を追うごとに改善が見られ、里親宅を愛しています。

ダンさんはホープ・アニマル・レスキューを通じて3年間保護活動をしており、保護した動物たちの様子をインスタグラム(@wally_the_pit)とTikTokのソーシャルメディアに定期的に投稿している。先月末、ダンさんがグロリアの初めての医療用入浴の動画をTikTokでシェアしたところ、その動画はネット上で人々の心を溶かし、これまでに760万回再生され、70万4100件の「いいね!」を獲得するなど、話題になっている。

「彼女はインターネットで話題になっています。彼女の話がきっかけで、もっと多くの人が心を開いて里親になるというアイデアを受け入れてくれることを願っています。保護施設にはグロリアのような優しい犬がたくさんいます」とダンさんは言う。「すでにたくさんの申し込みがあり、実際、ちょっと圧倒されています。驚きですが、彼女が、私たちの保護施設にいる、同じように里親になる資格のある他の素晴らしい犬たちに光を当ててくれることを願っています」

ダンさんは、グロリアがようやく里親に引き取られる準備ができたら、とてもおおらかで人懐っこいので、どんな家族にもぴったり合うだろうと話す。グロリアは他の犬と遊んだり友達になったりするのが大好きなので、家に毛むくじゃらの兄弟がいると嬉しいかもしれないが、それは必須ではない。

「彼女はただ尻尾を振って、目が合うとすぐに愛されたがります。彼女は嬉しそうに私たちの後をついて歩き、治療中もとても協力的です。彼女はあなたの膝に寄り添い、一緒に過ごすのが楽しいのです」とダンさんは付け加えた。

TikTokユーザーの反応

この動画がTikTokで拡散されると、ユーザーらはダンさんの思いやりを称賛し、子犬の完全かつ早い回復を願う声も上がった。

あるTikTokユーザーはこう書いている。「かわいそうな天使ちゃん。でも今は良い人の手に委ねられているわ。」

別の人は「今まで見た中で一番かわいい目だ」とコメントした。

3人目のユーザーはこう付け加えた。「彼女が完全な信頼感を持ってこちらを見上げた瞬間、私は打ちのめされました。彼女は愛らしくて、とても優しい。どうして彼女をこんな姿にさせてしまったのか?抱きしめたい!」

コメントする