ゴールデンレトリバーの子犬が初めて泳ぐ、その反応が最高

水に入るのに優しい励ましが必要な犬もいるが、あるゴールデンレトリバーの子犬は泳ぐのが大好きで話題になっている。

アシュリー・リアコさん(28歳)と婚約者のジーノ・ザンロッソさん(34歳)は、子犬のジュニー・Bと一緒にロサンゼルスに住んでいる。先週、リアコさんは@ashleyliackoというハンドル名で、ジュニーの「初めてのプールの日」を映した動画をTikTokに投稿した。

続きを読む: ペットオーナーに最適なポイント還元クレジットカードを比較

この動画は、この記事の執筆時点で再生回数が約600万回、いいね数が100万回に達しており、子犬がほとんどためらうことなくプールに飛び込み、飼い主のところまで泳いで行き、まさに水を得た魚のように慣れていく様子が映し出されている。

ジュニーは水中で泳いだり、ジャンプしたり、抱っこされたりした後、タオルにくるまれ、日光の下で泳いだ後の昼寝をしているところで動画は終わります。

何千人もの視聴者がこの動画にコメントし、ある視聴者は「大げさに言うつもりはないが、ジュニー・Bのためなら死んでもいい」と書いた。

別の人は、リアコは「今までで一番かわいい犬を飼っているかもしれない」と言った。

「太陽の下で泳いだ後に眠る犬になりたい」とあるユーザーは書いた。

「太陽の下で眠っている最後のショットは可愛かった」と別のコメント投稿者も同意した。

一部の犬は他の犬よりも生まれつき水に親和性があり、アメリカン・ケネル・クラブはアメリカン・ウォーター・スパニエル、カーリーコート・レトリバー、ラブラドール・レトリバーを最も泳ぎが得意な犬として挙げています。

ゴールデンレトリバーはリストに載っていないが、多くの飼い主はゴールデンレトリバーが水を好むことに気づいている。リアコさんは、姉のレトリバーが泳ぐのが大好きだったので、ジュニーも同じようになることを期待していたという。

リアコさんは海水プールを持っているので、水中の塩素の含有量は少ないが、ジュニー・Bを「最も愛らしい犬」と呼んだ。

「彼女は人との付き合いが素晴らしく、私たちの家族にとって最も特別な存在です。彼女の愛らしい性格を世界に伝えることができて嬉しいです」と彼女は語った。

リアコさんと婚約者は、レトリーバーを飼うことを「長い間」話し合った後、今年初めにジュニーを家族に迎え入れた。

当初、夫婦は結婚後に子犬を飼う予定だった。しかし、家を離れなければならなかった「本当につらい一年」を経て、庭付きの家に住むことにした。都会を離れて家族の近くに住んだ二人は、犬を飼うことについて毎日話し合うようになった。

ザンロッソがゴルフ旅行に出かけるときに、家に帰ったら子犬が待っていてくれても構わないと冗談を言ったとき、リアコは行動を起こしました。数日後、ザンロッソが家に帰ると、ジュニー・B が彼を迎えに来てくれました。

来年結婚する予定のリアコさんとザンロッソさんは、今は子犬の真っ最中で、ジュニー B は「手に入るものは何でも食べる」のが大好きだ。しかしリアコさんは「ジュニー B を世界中の何物とも交換したくない」と語った。

彼女はこう付け加えた。「私たちが過ごした厳しい一年の後に、彼女は私たちの世界にたくさんの愛と命をもたらしてくれました。このビデオが、私たちが彼女と一緒に毎日経験しているのと同じ幸せを人々の日々にもたらしてくれることを願っています。」

コメントする