「友達がいない」ため一人で遊ぶ反応的な犬に飼い主が涙

友人たちと過ごす別の人生を切望する犬が、自分の境遇について思いを巡らす様子が、最近の悲痛なTikTok動画で捉えられた。

「犬たちが彼に突進し、攻撃しようとし始めてから、彼の自信は失われ、彼は反応的になりました」と飼い主は語った。「これらの事件が起こる前は、彼は他の犬ととても仲良くしていました。」

6月30日にアカウント@mynameisdwightttに投稿されたTikTokの動画には、ドワイトが新しくプレゼントされた砂場に座り、これまでの人生について考えている様子が映っている。彼は頭を下げて一人で座っていた。誰の心も粉々に引き裂かれかねない瞬間であり、特に飼い主は涙を流した。

ドワイトさんは、自分の住む通りに住む犬たちが遠くで遊んでいるのを聞いた。飼い主さんは、犬の鳴き声はよく聞くが、他の犬と一緒にいると緊張してしまうので、一緒には遊んだことがないと話した。

犬が恐怖、欲求不満、興奮のいずれに基づいて反応するかにかかわらず、反応の激しい犬を訓練することはプロセスです。アメリカン ケネル クラブは、飼い主は犬の反応を引き起こす可能性のある状況を避けるべきだと述べています。たとえば、混雑した公園を避けたり、静かな夜に散歩したりするとよいでしょう。

犬の飼い主は、ポジティブ強化トレーニングも導入したいと考えるでしょう。これは、犬に適切な行動を教えながら、脱感作とカウンター コンディショニングに役立ちます。犬のボディ ランゲージを学ぶことも、反応が始まる前に介入できるため、大いに役立ちます。

幸いなことに、ドワイトは回復しつつあります。飼い主さんは、ドワイトは以前より落ち着いていて、犬が近づいてきても飼い主さんに集中していると話します。しかし、誰もがそうであるように、ドワイトにも良い日もあれば悪い日もあります。

「多くの人は、彼の行動で彼をすぐに判断してしまいますが、それが彼や私のせいではないことに気づいていません」と飼い主は語った。「私が彼に働きかけ続ければ、彼は元気な小さな自分に戻るとわかっています。」

コメントには何と書いてある?

この悲痛なTikTok動画は、330万回以上の再生回数、78万6000件のいいね、4831件のコメントを集めた。

「友達を作るために生まれ、反応的になることを強いられる」と視聴者は言った。

別の人は「彼は自分の生涯の態度について熟考しているようで、悲しくなりました」と指摘した。

ユーザーの中には、この小さな男の子が悲しんでいる姿を見るのが耐えられず、「心が打ち砕かれた」と言う人もいた。

他の人たちは彼に付き添おうと申し出たが、一人は「いや、文字通り彼と一緒に砂場で遊びに行くから」と書いた。

コメントする