ご自宅にぴったりの犬用ドアを見つける

頻繁に外に出たがる犬や、頻繁に起こして外に出したり屋内に戻したりしている複数の犬を飼っている場合、犬用ドアがあれば生活が少し楽になるのではないかと考えるかもしれません。

ドッグドアは、既存のドアまたは家の外壁に組み込まれた保護された開口部です。これらの開口部により、犬はあなたの助けを借りずに庭に出入りし、家に戻ることができます。自宅にドッグドアを購入する前に考慮すべき点がいくつかあります。

犬用ドアの種類

犬用ドアにはさまざまなデザインがあり、さまざまな機能があります。家の環境や犬のニーズに応じて検討すべきタイプをいくつかご紹介します。

フラップ

最も一般的で、通常最も安価なタイプの犬用ドアは、現在のドアまたは壁に開けられた開口部を覆うシンプルなフラップです。フラップは柔軟性があり、犬が簡単に押しのけることができます。一部のバージョンには、外気温からより保護するために、二重フラップまたは磁気シールが付いています。

マイクロチップで作動するドア

これらのドアでは、ペットにマイクロチップ首輪を装着させる必要があります。この首輪は、犬が近づいたときだけドアを開けます。そして、犬が通り抜けるとドアが閉まります。アライグマやリスなどの望ましくない訪問者が犬用ドアを通り抜けられないようにするというのがこのアイデアです。マイクロチップで作動するドアは、作動するために電気または電池が必要です。電気が頻繁に切れる場合は、電池式のバージョンを検討してください。特に、電池が少なくなると警告するオプションを探してください。

スライドドアインサート

床から天井までのパネルは引き戸の開口部に簡単に挿入でき、壁やドアに穴を開ける代わりに最適な方法です。これらの挿入物は、賃貸住宅の人にとって特に優れた選択肢です。ただし、ドアは、フルレングスの引き戸挿入物が収まる幅があり、大人が通れるスペースが残っている必要があります。

カスタマイズされたスライドドアとフレンチドア

犬用ドアが組み込まれた引き戸やフレンチドアを家用に購入することも可能です。これらはより高価なオプションかもしれませんが、より魅力的でもあります。

オールアメリカンドッグが外からドッグドアを覗いている。

ドッグドアの利点

犬用ドアの明らかな利点は、犬が排泄したいときにすぐに外に出られることです。しかし、ペットの飼い主が犬用ドアの使用を称賛する理由は他にもたくさんあります。

  • 犬は退屈し、精神的な刺激を必要とします。犬用ドアがあれば、犬はより頻繁に外に出ることができ、退屈を防ぐことができます。
  • 健康を維持するために、犬は適度な運動が必要です。裏庭を走り回ったり探索したりすることは、筋肉の発達と体重管理に最適です。さらに、犬用ドアは犬がもっと頻繁にそうすることを促すかもしれません。
  • 在宅勤務中の犬の飼い主は、犬を外に出したり戻したりするためにオンライン会議通話から席を外す必要はありません。
  • 外出中は、交通​​渋滞に巻き込まれたり、何かの活動に追われたりすることがあります。犬用ドアがあれば、犬が家の中や外に閉じ込められてしまう心配はありません。
自宅の壁に犬用のドアを設置しました。自宅の壁に犬用のドアを設置しました。

犬用ドアを購入する前に考慮すべきこと

犬のニーズを満たし、生活環境に合った適切な犬用ドアを見つけることが重要です。購入する前に考慮すべき要素をいくつかご紹介します。

  • 安全性: 犬を監視なしで屋外に出す場合は、庭が逃げられないようにし、植物が犬にとって有毒なものであってはならず、プールや池は柵で囲って立ち入り禁止にする必要があります。
  • サイズ: ドアが犬のサイズに合うかどうかを確認してください。小型犬は大きな力をかけずに簡単にドアを開けることができなければなりません。大型犬は楽に通れるものでなければなりません。
  • 省エネ機能: 寒さや暑さ、雨、雪から家を守る素材で作られた犬用ドアを探すことが重要です。
  • 安全: ドアにはロックや電子タイマーが付いているものもあります。これらの機能により、夜間や休暇中にドアを安全に保護できます。さらに、他の動物を遮断し、犬が夜間に監視なしで外出するのを防ぐこともできます。誰かが手を伸ばすと開いてしまうドアノブや窓のラッチから離れた場所に犬用ドアを取り付けることを検討してください。
  • 庭のサイズ: 庭が広くて犬を追跡するのが難しい場合は、利便性と安全性のために、犬用ドアの外側の小さなエリアを犬用ペンで囲むことができます。
  • トレーニングの考慮事項: すべての犬が自動的にドッグドアを使用するわけではありません。そのため、飼い主の助けなしに外に出て戻ってくる方法を犬に教えるには、ある程度の時間がかかることを覚悟してください。
  • 監視の重要性: 家にいるかどうかに関係なく、愛犬がどこにいるのかを常に知りたいと思うでしょう。愛犬に GPS 首輪を付けたり、犬用ドアにセンサーを付けると、愛犬が外に出たり入ったりしたときに警告が届きます。
犬用ドアを通って外へ出るバセットハウンド。犬用ドアを通って外へ出るバセットハウンド。

犬用ドアが合わないこともある

犬用ドアが犬にとって最適な選択肢ではない場合があります。以下に例をいくつか示します。

  • しつけ: 犬の訓練士は、犬を室内でしつける最良の方法は、頻繁にリードにつないで外へ連れ出し、用を足したら褒めることだと勧めています。犬用ドアがあれば、犬はすぐに外に出られるかもしれませんが、飼い主がいつも一緒にいて、犬の良い習慣を褒められるとは限りません。
  • 家族: 犬の真似をして犬用ドアから出られる幼児がいる場合は、犬用ドアを設置するのは大きくなるまで待った方が良いかもしれません。幼いうちは、犬の友達の後をついて歩くのは楽しい遊びだと思うでしょう。
  • 野生動物: 庭に野生動物がいる可能性がある地域に住んでいる場合、犬用ドアのせいで家の中に不意に侵入される可能性があります。小型犬や超小型犬は、野生動物がいるときに一人で外にいるのは特に危険です。
  • 混乱要因: 犬が家の中に入ってくると、泥、砂、葉、木の枝、水を持ち込む可能性があります。犬は無人で家の中に入ってくるので、家中を走り回る前に足を拭く機会がありません。
  • 妨害: あなたの犬が近所の人、通行人、リスなどに吠える癖がある場合、吠える価値があると思うものを見つけたときに外に出させておくと、非常に迷惑になる可能性があります。
  • ボンディング: 犬用ドアは適切な状況では非常に便利ですが、庭でボール遊びをしたり、一緒に散歩したり、積極的強化トレーニングをしたりして犬と過ごす時間に取って代わるべきではありません。

コメントする