犬の習慣を変える方法

犬のトレーニングでは、日課と一貫性が非常に重要です。しかし、スケジュールが変わり、犬の日課を変更する必要がある場合はどうすればよいでしょうか。犬は日課に従って成長します。何が起こるかを知っておくと、犬はより安心できます。しかし、人生にはさまざまな出来事があり、犬にとって世界を完全に予測できるとは限りません。

犬の生活習慣を変える必要がある、または変えたいと思っている場合は、犬の習慣に適応するのに役立つヒントをいくつかご紹介します。

犬が日常生活の変化に適応できるように支援する

犬は規則正しい生活を好むため、スケジュールが変わると困ることがあります。規則的な変化に適応するのに苦労している犬は、ストレスを感じたり不安になったりすることがあります。このストレスは、破壊的な行動、歩き回ること、落ち着きのなさなど、さまざまな形で現れます。

犬の日課を大幅に変更する必要がある場合は、犬が順応できるように、その変更をゆっくりと導入するのが最善です。たとえば、通常は午前中に犬の散歩をしていますが、夕方の散歩に変更する必要がある場合は、犬の散歩の時間をゆっくりと変更します。数日または数週間にわたってこの時間を変更し、散歩を少しずつ遅らせると、犬が新しいスケジュールに慣れやすくなります。

犬の日課を変えるときは、犬の生活の他の面をできるだけ一定に保つようにしてください。犬に餌を与える時間を変える場合は、散歩やトレーニング セッションなど、犬の生活の他の面を変えないように最善を尽くしてください。いくつかの領域で一貫した日課を維持することで、犬はタイミング スケジュールの変更にそれほど苦労しなくなるでしょう。犬は明確さを好みます。私たちに何を期待すべきかがわかれば、日課の一部が変わっても、犬はよりリラックスします。

ソファに横たわるヴィズラの子犬。

いつ犬の生活習慣を変えますか?

犬のために何かを変えなければならない時が必ずあります。犬の日課を自分のスケジュールに合わせるのに苦労しているなら、それは日課を変えたり調整したりする時期が来たことを示す良い兆候です。同様に、外部の約束やスケジュールの変更があった場合、犬の日課を変える必要があるでしょう。

犬とその飼い主のほとんどにとって、ルーチンの変更は季節によって起こる傾向があります。夏には、高温を避け、犬にとってより快適で安全な散歩をするために、おそらく早朝または夕方に犬の散歩をするでしょう。しかし、冬の間は、日中に散歩をするために、朝遅くまたは夕方早く犬の散歩をする人が多いです。学校や仕事のスケジュールが変わったときも、すべての義務を果たすために犬のルーチンを調整する必要があるかもしれません。

犬のニーズを満たす

犬の生活習慣を変えるときは、犬の基本的なニーズを満たしていることを確認することが重要です。つまり、犬が十分な食事、水、トイレに行く機会、精神的および肉体的な運動を得られるよう確保するということです。身体的および精神的な充実感を与えることで、犬は生活習慣の変化にうまく適応し、より回復力を持つようになります。身体的および精神的に充実した生活を送る犬は、ストレスや退屈から生じる過度の吠えやその他の問題行動を示す可能性も低くなります。ただし、犬を裏庭に放つだけでは、ボール遊びや散歩などの計画的な運動時間と同じではないことを忘れないでください。

パズルおもちゃを与えたり、一緒に遊んだりトレーニングしたりすることで、犬の知能をさらに高めることもできます。毎日、芸や基本的な服従スキルの練習に時間を費やすことで、犬は満足感を得ることができ、日常生活の変化によるストレスを軽減できます。日常生活の変化により、犬に十分な運動や外出して排泄する機会を提供できなくなる可能性がある場合は、犬の散歩代行業者を雇うことを検討してください。

自宅のフードボウルの横に立つキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。デニス・フレイム氏による承認。ゲッティイメージズ #152991944 一貫したルーチン自宅のフードボウルの横に立つキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。デニス・フレイム氏による承認。ゲッティイメージズ #152991944 一貫したルーチン

適応力を高めるためにルーチンを変える

犬はルーチンでうまくやっていくことができますが、犬の日常生活に変化をもたらすことも役立ちます。たとえば、毎日同じ時間に犬に餌を与えると、犬は特定の時間が餌を与えるべき時間であるという連想を抱くようになります。この連想は必ずしも問題ではありませんが、あなたが遅れて犬が期待する時間に餌を与えられない場合はどうなるでしょうか。その場合、ルーチンが突然変わると犬は不安になることがあります。

犬の日常生活に変化を与えると、犬の順応性が向上し、決まったスケジュールに執着しすぎるのを防ぐことができます。犬に薬や決まった時間に餌を与える必要がある病気がない限り、毎日の餌やりの時間を少し変えることは、トレーニングや行動の観点から有益です。また、異なるフードボウルやパズルフィーダーを交互に与えるなど、餌やりの方法を変えることもできます。餌やりの時間と方法を変えることで、犬が決まったスケジュールに執着する可能性が低くなります。これらのわずかな変化は、犬のルーチンに大きな変化があった場合にも、犬のストレスを軽減するのに役立ちます。

コメントする