生後7週間の子犬が安楽死させられるために運ばれてきたが、獣医は別の考えを持っている

安楽死させられる予定の生後7週間の子犬を預かった獣医は、全く予想外の行動に出た。その犬を引き取るというのだ。

オリバー・リーブ博士は獣医師であり、ニュージーランドのオネワ・ロード動物病院の院長です。その立場上、彼は非常に困難な状況の中心に立つことになります。

続きを読む: ペットオーナーに最適なポイント還元クレジットカードを比較

リーブ博士は、トビーの先天性欠損症の正確な性質を明らかにしないことを選択した。それは、プライバシーの侵害と考えたからというだけでなく、トビーがやってきた状況を知らない人々から、トビーの前の飼い主に対する「批判」を招きたくないと思ったからだ。

「重要なのは、飼い主が苦しんでいる子犬のために獣医の診察を求めたことです。動物病院に来て安楽死を求めたというのは勇気のある行為です」と同氏は語った。「飼い主にとって非常に困難な状況だったと思いますが、責任を取って適切な処置を求めました。私はそのことを尊敬していますし、不要な動物をただ捨てる人よりはるかに良いことです」

安楽死は世界中の無数の動物にとって悲しい現実です。ASPCA の推定によると、米国だけでも毎年 39 万匹もの犬が安楽死させられています。

リーブ博士は長年の経験があるにもかかわらず、トビーに同じことをするという考えは考えにくいものだった。「獣医にとって、健康な動物を安楽死させるのは、感情的に非常に難しいことです」と同氏は言う。「私たちはみなそれをやったことがありますし、将来またやらなければならないでしょうが、それは私たちに大きな負担をかけます。時には、本当に困難な状況ではそれが最善の選択肢であり、動物を苦しませるよりも良い選択です。」

しかし、トビーの場合、考えれば考えるほど、別の方法があることにリーブ博士は気づきました。トビーの考え方を完全に変えることができる何かが彼にはあったのです。

「今回の場合、トビーに良い家を与え、先天性障害を治せると思った。妻が、保​​護した6匹の動物たちの群れにもう一匹加えることに全面的に賛成してくれると100%確信していた」と彼は語った。

そこで彼は、トビーの元飼い主に、犬を獣医に「引き渡す」という選択肢を提案することにした。

「この選択肢は、元の飼い主に費用がかからず、私がトビーを引き取って、彼を治療する責任を負うことを意味します」とリーブ博士は語った。「譲渡という選択肢はめったにありません。多くの場合、獣医クリニックのスタッフは、すでに引き取った動物の数で手一杯です。しかし、その日はトビーにとって幸運な日でした。」

その夜、トビーはリーブ医師とともに新しい家と、彼を迎え入れることに興奮する新しい家族のもとへ戻りました。さらに嬉しいことに、それ以来、トビーは健康上の問題を解決するはずの 2 回の手術のうち最初の手術をすでに受けています。

「最終的な手術は、息子がもっと成長して大きくなるまで待たなければなりません」とリーブ医師は言う。「息子は快適で、幸せで、活動的です。」

リーブ博士が初めてトビーに会ったとき、この犬は暗く不確かな未来に直面していました。しかし今、彼の未来は確実で明るいものとなりました。

「トビーはこれから獣医の犬として成長します」とリーブ博士は言う。「つまり、彼は私と一緒に診療所に来ることになり、そこでは職場の獣医や看護師たちから溺愛され、愛情たっぷりに甘やかされることになります。家では、彼に敬意を払い、私のウサギを追いかけないように訓練することに時間を費やします。」

リーブさんは当初、トビーの話を元彼の元アカウント(以前はツイッターアカウント @FeltonR として知られていた)で共有し、今後も彼の経過について最新情報を提供し続ける予定だ。彼はトビーの話が人々に少しでも喜びを与えると同時に、「ペットの世話の複雑さ」と、彼の元の飼い主が獣医の助けを求めるという正しい行動を取った理由を人々に理解してもらうことにも役立つことを望んでいる。

「それぞれの道のりは異なり、それぞれのリソースも異なります」と彼は語った。「退役軍人は助けるためにここにいます。私たちはさまざまな状況で最善の道を見つけるために最善を尽くします。」

コメントする