飼い主が子犬を犬小屋に入れるのを忘れ、カメラで破壊の様子を目撃

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い主は、自分が仕事に出ている間に彼がしたことの後、二度と子犬を犬小屋に入れることを忘れることはないでしょう。

生後6か月のガスは、年上のゴールデンレトリバーのドリーと飼い主と一緒にフロリダ州オーランドに住んでいます。ドリーは@dollyandgussという名前でTikTokに投稿しています。

続きを読む: Arlo Proと他のトップクラスのワイヤレスホームセキュリティカメラを比較

このアカウントには、ドリーさんとガスさんが一緒に遊んだり、散歩に出かけたり、初めて会ったときなどの愛らしい瞬間が満載だが、最近撮影されたある動画が子犬を育てる現実を映し出しており、話題になっている。

これまでに63万回近く視聴されているこの動画で、犬の飼い主は「仕事に行くときに生後6か月の子犬をケージに入れるのを忘れたとき」と書き、家に帰ると「サプライズ」があったとキャプションで付け加えている。

続きを読む: ペットオーナーのためのトップリワードクレジットカード

フォロー

仕事に行くときに、生後 6 か月のゴールデン レトリバーの子犬をケージに入れるのを忘れたとき。帰宅すると、驚きの光景が待っています。#goldenretriever #dogsoftiktok #dogs #puppy #goldenretrieverlife #goldenretrieverpuppy #dog

♬ オリジナルサウンド – teeharpo

犬たちの部屋に設置されたカメラには、ドリーがケージの中に座り、ガスが自由に歩き回っている様子が映っている。ガスはこの機会を利用して、米の袋、キッチンタオルの包み、ドッグフードの袋をベッドに引きずり込んだ。

ドリーは、部屋が破れた紙や食べ物の袋でいっぱいになるのを見守っていますが、ケージのドアが開いているにもかかわらず、動くことはなく、ただ彼が「悪いこと」をするのを見ています。

続きを読む: 手頃な価格の家庭用防犯カメラを探す

そしてTikTokのユーザーたちはこの動画を気に入り、何百ものコメントが寄せられた。中には「年上の犬は『俺はこれには関わりたくない』と言った」とジョークを飛ばす人もいた。

「彼がカメラの前にすべてを出して見せてくれたことがとても気に入った」と別のユーザーは書き、さらに別のユーザーは「いやらしいほど良い兄姉ほど行儀の良い人はいない」と付け加えた。

ドリーさんとガスさんの飼い主さんはこう答えました。「こんなに誇りに思ったことはありません。」

子犬の訓練には時間と忍耐が必要です。アメリカン・ケネル・クラブのプロの犬トレーナー、ケイト・ナイト氏は、関係構築と構造作りという 2 つの重要な要素が重要だと述べています。

生後 6 か月までに、子犬は噛んではいけないものを理解し、トイレトレーニングをしっかり理解し、短時間一人でいても平気になるはずです。

そして、ガスのバイラルビデオから判断すると、彼は最後の部分を完璧にこなしている。

仕事中に自宅を監視するためにカメラを設置することは一般的になりつつありますが、遠くから無力に監視することを余儀なくされることもあります。

6月には、飼い主が仕事場からカメラ越しに見守る中、犬が500ピースのジグソーパズルをのんびりと食べている動画が話題になった。ジャッキーはリビングルームでジグソーパズルを1ピースずつ食べ、ピースを噛みながらカメラをまっすぐ見ている姿もカメラに映っていた。

しかし、犬にとって異物を食べることは危険である一方、ジャッキーの飼い主は心配するコメント投稿者に対し、すぐに家に帰り、犬からパズルを取り上げ、ピースのほとんどが飲み込まれたのではなく噛み砕かれていたことを確認できたと保証した。

飼い主さんは「全然具合が悪くなってない」し、実際「まだ夕食が食べたい」と言っていた。

コメントする