クレイグズリストで病気の飼い主から犬を引き取った家族、その後その犬の悲劇的な過去を知る

前の飼い主がガンと闘っていた後、クレイグズリストから犬を飼った家族は、その小さな犬が愛くるしい顔だけではないことを知った。その子犬は、家族には告げられていないトラウマを抱えていたのだ。

現在10歳になるプードルミックスのココは、家族が家に連れて帰ったとき3歳くらいだった。前の飼い主はガンと闘っていて、夫はもう犬の世話をしたくなかった。先月末にユーザー@koohryが投稿したTikTok動画によると、ココを家に連れて帰ったとき初めて、家族はこの子犬が今まで愛を知らなかったことを知ったという。ココには虐待の兆候が見られた。

ココは怖がって臆病で、芝生を踏むのを拒んだ。後に分かったことだが、それは一日中ケージに入れられていて、そこでしか排泄していなかったためだった。獣医に診てもらったところ、当時ココが妊娠していたことも分かったが、気付くのが遅すぎたため、獣医は手術中に子犬を殺処分した。

家族は、呼吸器系や消化器系の問題など、ココのさまざまな問題を知るようになりました。さらに、この子犬は男性をひどく怖がっていました。これらの兆候から、家族はココが子犬工場で育ったと確信しました。

幸運なことに、家族がココを家に連れ帰り、愛情と受け入れの気持ちをたっぷり注ぐと、ココの過去の苦労はすべて消え去りました。

「ココは母と妹に女性なのですぐに心を開きましたが、数週間はいつも無気力で(妊娠のため)少し緊張していました」とヘンリーさんは言う。「数ヶ月以内に彼女は落ち着き、いつの間にか私たちを本当に家族として受け入れてくれたと思います。」

しかし、毎日が完璧というわけではない。ココは今でもトラウマや心的外傷後ストレス障害(PTSD)の兆候を示すことがある。ヘンリーさんによると、ココは頭の上に物や人の手があると、恐怖で頭を下げてしまうという。また、家族にお腹を見せることにまだ慣れておらず、他の犬や見知らぬ人に対してもまだ恐怖を感じている。しかし、ココの進歩は目覚ましい。

TikTokユーザーの反応

ココの物語はTikTokで67万回以上の視聴と2万9,300件以上のいいねを獲得し、ユーザーからは、この犬に二度目のチャンスを与えた家族を称賛する声が上がった。

「かわいそうな赤ちゃん。彼女にふさわしい人生を与えてくれてありがとう」とあるユーザーは書いた。

別のユーザーはこう付け加えた。「ココにふさわしい飼い主でいてくれてありがとう。彼女は幸運な子よ!こんなに幸運ではない子が大勢いるのよ。」

3人目のユーザーは、トラウマを負った多くの犬に起こる現実を指摘した。「犬の状態は良くなるものの、完全に回復することはない」

コメントする