一緒に犬を買った元夫婦、別れてから何年も経った今も「共同子育て」を続けている

4年前に関係が終わったカップルは、かつて一緒に飼っていた犬を共同で育てることに同意して以来、今でも定期的に会っている。

6年前、ヨークシャー出身のリバティさんと当時のパートナーは、関係を次のステップに進めることを決意し、犬を飼うことにした。

続きを読む: ペットオーナーのためのトップリワードクレジットカード

ポメラニアン・ハスキーのブルーは、生まれ故郷のアイルランドで子犬の頃、決して楽な生活を送っていたわけではありませんでした。

リバティと当時の恋人が彼女を養子としてイギリスに移住させ、一緒に暮らすようになった日から、彼女の人生は良い方向に変わりました。今、彼女は自分の好きなことをすべてして、最高の人生を送っています。

「私たちは長い散歩やビーチ旅行、ソファーに寄り添って映画を見る心地よい夜が大好きです」とリバティーさんは言う。しかし、いつも順調だったわけではない。

ブルーが養子に迎えられてからわずか2年後、リバティと元パートナーは別れることにした。それは概ね友好的な別れだったが、一つだけ問題があった。

「私たちは二人ともブルーと一緒にいたくなかった」とリバティさんは説明した。「彼女は私たちの世界であり、どちらかがもう一方よりも親権を取るのは不公平だった」

犬と飼い主の絆は強いことが多い。実際、ある研究は、雑誌に掲載された。 PLoSワン 犬と飼い主の関係は親と子の関係と似ていると結論付けました。

一連の実験で、研究者たちは犬と飼い主の関係が、幼い子供と親の間に見られるのと同じ「安全基地効果」を持っていることを実証することができました。簡単に言えば、犬と飼い主が近くにいることで、周囲の環境と交流するための安全基地が提供されるのです。

研究の一環として、一群の犬に、飼い主がいないとき、飼い主が沈黙しているとき、飼い主が励ましているときという3つの特定の状況で犬のおもちゃを操作する課題を与えた。成功した場合には必ずご褒美として食べ物が提供された。

研究者たちはすぐに、飼い主がいないと犬たちが餌のために働く意欲が低下することを発見した。飼い主が犬を励ましたり、黙っていたりしても、ほとんど影響はなかった。

しかし、飼い主が見知らぬ人に取って代わられた場合、犬は飼い主とほとんど交流しないだけでなく、餌を取ろうともほとんどしませんでした。この変化は、飼い主が近くにいることが犬の全体的な自信に影響を与える可能性があることを示唆しています。

ブルーは飼い主のうちのどちらかがいないと苦労するだろうと考えるのは当然です。しかし、飼い主たちはそんなことを許すつもりはなく、ブルーを共同で育てるという合意を結びました。

「最初は簡単ではありませんでした」とリバティ氏は認める。「初期段階では多くの問題がありましたが、すぐにすべて解決しました。」

しかし、4年経った今、元カップルはうまくやっていく方法を見つけたようだ。「私は交代勤務なので、4日ごとにブルーを交代します」とリバティーさんは言う。「つまり、ブルーは私たち2人と触れ合う時間が増えるということです。私が休みの日に彼女の面倒を見ることが多いので、いつでも一緒にいて、抱きしめてあげられるのです。」

実際、ブルーの存在は、リバティが元恋人との関係を修復するのに役立っています。元恋人がいなければ、連絡を取り続ける理由がなかったかもしれません。

「おかげで私たちはある種の礼儀正しい友情を育むことができました。犬にとってそれは何よりもありがたいことです」とリバティーさんは言う。「どちらかが休暇で出かけたり、遅くまで働かなければならないときも、私たちはよくお互いに助け合います。私たちはいつもお互いに助け合っているから、本当にうまくいっています」

リバティはTikTokにapinchoflibというハンドルネームで投稿し、反対意見があるにもかかわらず、自分たち、そして何よりもブルーのために「うまくやっていく」方法を示した。「みんなはそれが可能だとは思っていないので、2人が同じ考えならかなり簡単にできるということを示したかったのです」と彼女は語った。

コメントする