この冬、愛犬を暖かく安全に保つ方法

雪、みぞれ、氷、風。冬の天候には、準備すべきことがたくさんあります。人間が寒さの影響を受けるのと同じように、犬も寒さの影響を受けます。冬の間、犬が暖かく、幸せで、健康でいられるように、ここでは簡単な対策をいくつかご紹介します。

犬の屋外滞在時間を制限する

犬は凍傷になる可能性があり、特に繊細な耳介や尻尾の先端が凍傷になりやすいです。極寒のときは、低温でも元気に育つ厚い毛皮の北方系の犬種を除き、犬を屋内に留めておくのが賢明です。犬を屋内に留めておくことができない場合は、皮膚が白くなったり青くなったりするなど、凍傷の兆候に注意してください。

可能な限り屋内に留まる

室内で飼われている大きくてふさふさした犬でも、凍えるような寒さに慣れるには時間がかかります。外で少し遊ばせると、犬の体が天候の変化に慣れるのに役立ちます。新しい室内ゲームで室内での活動を楽しくしましょう。室内でインタラクティブな犬用おもちゃも数多くあり、犬が楽しく精神的にも肉体的にも運動できるようになります。

自宅の犬用ベッドに横たわるゴールデンレトリバー。

犬を包んであげましょう

もちろん、ほとんどの犬には毛皮があります。しかし、吹雪の中、軽い春用のジャケットを着て出かけたいとは思わないでしょう。小さくて繊細で毛の短い犬(グレイハウンドのような大型犬も含む)には、丈夫な冬用コートやぴったりしたセーターなど、適切な冬服を用意してください。

犬の年齢を考慮する

気候に関しては、年齢は単なる数字ではありません。人間と同様に、非常に若い犬や非常に年老いた犬は体温調節が困難です。その結果、天候の変化に対してより極端な反応を示します。雪の中で遊ぶのは、より繊細な体質の犬には負担が大きすぎる可能性があります。年老いた犬や子犬は、できるだけ屋内で飼ってください。

犬の足を守る

アイディタロッドの犬ぞりレースのチームを見れば、彼らの足がブーツで覆われていることに気づくでしょう。犬ぞり競技者は、氷の上を走ることで怪我や擦り傷ができ、レースに負ける可能性があることを知っています。たとえあなたの犬がアラスカの凍った荒野を 1,000 マイルも駆け抜けなくても、冬の天候は犬にダメージを与える可能性があります。さまざまな小売店が、犬の足を安全に保つのに効果的な犬用ブーツや足プロテクターを販売しています。

ジャケットを着て雪の中に座っているチワワ。ジャケットを着て雪の中に座っているチワワ。

暖房付きの犬用ベッドを購入する

はい、犬用ヒーター付きベッドは安全です。犬用ヒーター付きベッドは、シニア犬など寒がりの犬に最適です。犬用に特別に作られた、自動電源オフ機能付きのものを探してください。犬用ヒーター付きベッドや犬用ヒーターパッドには、さまざまなオプションがあります。

足の毛をトリムする

長毛種の犬の足の毛は、肉球と足指の間に氷玉を形成することがあります。足の表面と同じ高さになるように毛をカットし、よくトリミングしてください。

ソファに横たわるキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。ソファに横たわるキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。

犬の足をきれいにしましょう

街の道路には、塩化ナトリウム (岩塩) や塩化カルシウムなどの凍結防止剤が塗られています。これらの物質は歩行者にとって歩道を安全にしますが、肉球を傷める可能性があります。犬の足をきれいにしてください。家の中に入ってきた犬の足を洗うために、玄関の横にバケツを置いている人もいます。温水を使い、足指と肉球の間の部分まで洗ってください。犬によっては、乾燥肌用の足用バーム (購入または自宅で作ることができます) や保湿剤が必要な場合もあります。

停電に備えて計画を立てておく

冬の天気は予測できません。氷点下の気温と吹雪により、電線が凍結して停電することがあります。この冬に停電が発生した場合は、犬を暖かく保つ計画を立ててください。

雪の中で遊ぶキースホンド。雪の中で遊ぶキースホンド。

薄氷を避ける

氷水から救出された犬の話をよく耳にします (そして、それは幸運な犬たちです)。凍った池の上を滑るのは楽しそうに見えます。しかし、氷は簡単に割れ、飼い主や犬が落ちてしまう可能性があります。氷の上で滑ると、筋肉の緊張やその他の怪我につながることもあります。

不凍液に注意してください

ティースプーン一杯の不凍液でも腎不全を引き起こす可能性があります。犬が不凍液を飲み込んだ場合、兆候に注意してください。症状には、よだれ、嘔吐、発作、過度の渇き、あえぎ、無気力、酔ったような様子などがあります。

犬が不凍液を飲み込んだと思われる場合は、できるだけ早く獣医に連れて行くことが重要です。不凍液を安全な場所に保管していたとしても、路上に残留物があれば危険です。ほとんどの不凍液は緑色のエチレングリコールですが、さまざまな色のものがあります。そのため、犬が嗅ぎ回っている場所をよく観察してください。

犬が冬の副作用に遭遇した場合は、必ず獣医師に相談してください。

コメントする