犬のうっ血性心不全:知っておくべきこと

誰もが愛犬にはできるだけ長生きしてほしいと願っていますが、日常生活の機能や寿命に影響を与える心臓病などの病気を犬が発症することを考えると恐ろしいかもしれません。 心臓病は、犬が生まれつき(先天性)、または年齢、食事、病気、感染症などの要因の組み合わせによって発症(後天性)する病気です。

一部の犬では、心臓病がうっ血性心不全として知られる状態を引き起こす可能性があります。 これは、心臓への血流と心臓からの血流を調節する弁が適切に機能しなくなったときに発生します。 うっ血性心不全は、老化の過程に伴う他の病気と間違われる可能性があるため、犬がこの症状の兆候を示していることを早期に発見し、治療することが重要です。

犬のうっ血性心不全とは何ですか?

メルク獣医マニュアルによると、うっ血性心不全(CHF)は特定の病気ではありません。 むしろ、心臓が十分な量の血液を全身に送り出すことができないときに起こる症状だと、アメリカンケネルクラブの首席獣医責任者であるDVMのジェリー・クライン博士は言う。 CHFはゆっくりと進行し、心臓の片側または両側に影響を及ぼします。

心不全の症状に入る前に、健康な心臓がどのように機能するかを理解するのに役立ちます。 まず、犬の心臓には 4 つの弁 (血液の流れを一方向に保つ皮膚の弁) があります。 弁は、心臓の 4 つの部屋、つまり左心房と右心房、および左心室と右心室の間にあります。 健康な心臓では、右心室は酸素を取り込めるように血液を肺に押し出します。 左心室は酸素を含んだ血液を循環に押し出し、体内の必要な場所に血液が送られるようにします。

心臓が血液を送り出すときに弁が開閉し、心拍音を聞くとこの音が聞こえます。 「弁が適切に閉まらない、または漏れると、血液は次のチャンバーに流れず、代わりに前のチャンバーに『漏れる』可能性があります」とクライン博士は言う。 したがって、心雑音は弁の漏れの初期の兆候である可能性があります。 心雑音は、通常の心拍の「ゴツゴツ」という音の代わりに、シューという音やシューという音を発することがあります。 「心雑音は人生の早い段階で検出されるかもしれませんが、心不全は人生のずっと後になるまで発症しない可能性があります」とクライン博士は付け加えた。

うっ血性心不全の症状は何ですか?

どのような症状を調べるべきかを知ることは、問題の原因によって異なります。 クライン博士が説明するように、「CHFには2つの基本的な形態がある。それは、左側不全と右側不全である。」 左側心不全はより一般的であるため、次のような付随症状についての認識が高まっています。

  • 犬が休んでいるときや眠っているときでも、持続的な、通常は湿った咳が続く
  • 呼吸数が増加し、呼吸数が浅くなることが多い
  • 犬が咳をしていないときでも、呼吸が苦しそうにしている
  • 疲れやすい
  • 青白いまたはチアノーゼ(青みがかった)歯肉および粘膜、通常は心雑音を伴う

右側心不全に最もよく関連する症状は次のとおりです。

  • 運動で疲れる
  • 腹部の腫れ(腹水)
  • 四肢の腫れ(末梢浮腫)の可能性、心雑音も伴う

うっ血性心不全の段階

CHFにはさまざまな形態があることに加えて、この状態にはさまざまな段階があります。 獣医師が各段階で確認する内容は次のとおりです。

ステージA

犬は年齢と品種に基づいて、心臓病を発症するリスクが高くなります。 しかし、衰弱や長引く咳などの明らかな臨床症状は見られません。 この段階は何年も続く可能性があります。

ステージB

犬には心雑音があり、聴診器で聞くことができます。 彼らは心不全の臨床症状を示していない可能性があります。

ステージB2

この犬には検出可能な心雑音がありますが、臨床症状は示されていません。 犬の心臓には構造的な変化があり、X線写真や心電図で確認できます。

ステージC

この犬は心臓病の兆候を示しており、心臓病の薬に反応しています。

ステージD

犬は重篤な症状を示しており、もはや心臓の薬や治療に反応しなくなっているため、この段階は「末期」と呼ばれます。

犬のうっ血性心不全の原因は何ですか?

弁膜症

クライン博士によると、うっ血性心不全の多くの原因の中には弁膜症があり、犬の症例の約80パーセントを占めているという。 犬の弁膜症の中で最も一般的な種類の僧帽弁疾患は、僧帽弁からの漏れによって発生します。 僧帽弁は左心房と左心室の間にあります。 心臓が収縮すると、僧帽弁が適切に機能することで、左心室が確実に血液を循環させます。

診察台に座るダックスフント、その後ろで獣医師が首に聴診器を当てている。

診察台に座るダックスフント、その後ろで獣医師が首に聴診器を当てている。

左心不全は、僧帽弁から血液が左心房に漏れ、肺に蓄積することで発生します。 「その後、液体が肺組織に逆戻りし、咳や呼吸困難を引き起こす肺水腫を引き起こします」とクライン医師は説明する。

右心不全は、血液が「三尖弁(右心房と右心室の間の弁)」を通って右心房に逆流することで発生するとクライン博士は説明する。 「血液は全身循環に逆流し、うっ血を引き起こします。」 その結果、腹部に体液が蓄積したものを腹水といいます。

拡張型心筋症

うっ血性心不全のもう 1 つの一般的な原因は拡張型心筋症 (DCM) です。 「これは、心筋自体が病気になって本来の収縮能力を失い、心臓のポンプ機能が非効率になったときに起こります」とクライン博士は言う。 その結果、血液の流れが遅くなり、血圧が低下します。

両心室不全は、左右の心室が正常に機能していない場合に発生します。 メルク獣医マニュアルには、拡張型心筋症または中毒が両心室不全を引き起こす可能性があると記載されています。 このタイプの CHF では、左心不全と右心不全の両方の症状が見られることがあります。 ただし、一方の症状が他方よりも顕著になるのが一般的です。

クライン博士は、特定の食事、特に穀物を含まない食事や、主要なエネルギー源の1つとしてエンドウ豆やマメ科植物を含む食事に関連した心臓病(DCM)の報告があると指摘しています。 結論は出ていないが、この懸念について獣医師と話し合うことを彼は勧めている。

CHFのその他の原因

弁膜症と拡張型心筋症のほかに、CHF の他の原因は次のとおりです。

  • 心臓の壁の欠陥
  • 先天性心臓欠陥
  • 不整脈
  • 主要な血管の狭窄
  • フィラリア
  • 心膜(心臓の周りの袋)内の体液の蓄積
  • 感染症(心内膜炎)
  • 腫瘍またはがん

どの犬が最も危険にさらされているのでしょうか?

うっ血性心不全は中年以上の犬に多く発生する傾向がありますが、年齢、品種、性別に関係なく発症する可能性があるとクライン博士は説明します。 ドーベルマン・ピンシャー、グレート・デーン、ボクサー、コッカー・スパニエルなどの特定の犬種は拡張型心筋症になりやすいことから、この病気には遺伝的要素がある可能性があることが示唆されています。

小型犬の場合、僧帽弁の問題が原因で CHF を発症する可能性があり、これがこの症状の最も一般的な原因です。 一部の大型犬や超大型犬は、心筋の拡張や心筋症などの問題により、CHFを発症する傾向があります。

うっ血性心不全の犬にはどのような治療が可能ですか?

一般診療獣医師は、心臓疾患のある患者の治療を専門とする委員会認定の獣医心臓専門医を紹介することができます。 「継続的なモニタリングと指導により、栄養、投薬、活動などの患者の管理と予後に関して最善のアドバイスを与えることができるのは彼らです」とクライン博士は言う。

たとえば、心臓への負担を軽減するために、適切な量の運動や減塩食を推奨することができます。 さらに、獣医心臓専門医は、体液を除去し、CHF の進行を遅らせるのに役立つ薬を処方する場合があります。

犬はうっ血性心不全でどれくらい生きられるのでしょうか?

一般に、うっ血性心不全と診断された犬は、6か月から1年半、2年まで生きることができます。 犬がCHFとともに生存できる期間に影響を与えるその他の要因には、次のようなものがあります。

  • 犬の年齢
  • 彼らの状態の重症度
  • 犬が服用している薬
  • 治療に対する犬の反応の程度
  • 腎臓病や肺炎などの基礎疾患がある

「犬の心不全を治療する方法はありません」とクライン博士は言う。 「犬の予後と生活の質を改善するには、早期発見と適切な管理が不可欠です。」

コメントする