犬はデーツを食べても大丈夫?

ねっとりとしてふっくらとしたおいしいドライデーツのパックを開けましたか? あなたの犬もこれらの甘くて食物繊維たっぷりのスナックを楽しんでいいのか疑問に思うかもしれません。

デーツはブドウのように犬にとって毒性が強いわけではありませんが、だからといってデーツが頼りになるおやつであるべきというわけではありません。 犬がデーツをどのように食べることができるのか、そしてこの果物をペットの食事に加えることによる利益と落とし穴について詳しく学びましょう。

犬にデーツを与えることの潜在的な利点

犬は雑食動物なので、デーツや他の果物を食べる必要はありませんが、バランスの取れた食事の一部として計量した量を加えることでいくつかの利点が得られます。 しかし、重要なのは、問題の果物が犬にとって安全であることを確認し、正しく準備し、適度に与えることです。

たとえば、デーツには食物繊維が豊富に含まれています。 したがって、ペットに定期的にいくつかのデーツを与えることは、特に便秘に苦しむ犬の健康な消化器系を促進するのに役立つ可能性があります。 食物繊維の多い食事を与えると、ダイエット中の犬は満腹感を長く感じることもあります。

デーツには、免疫力を高めるビタミンやミネラルも豊富に含まれています。 バランスの取れた食事には犬に必要な栄養素がすべて含まれているはずですが、デーツには次のような有用な成分が含まれています。

  • マグネシウムには抗炎症作用が含まれており、健康な皮膚を促進しますが、研究では心臓病のリスクを軽減する可能性があることが示されています。

  • 銅は犬にとって必須の食事栄養素であり、骨格の成長と赤血球の形成を促進します。

  • マンガンは健康な骨と関節の発達をサポートするため、関節炎などの関節疾患の管理に役立ちます。

  • 犬はグルコースの生成を促進し、赤血球と神経系の機能をサポートし、ホルモンを調節するためにビタミンB6を必要とします。

乾燥デーツは、ポリフェノールとして知られる有益な抗酸化化合物の最も豊富な供給源の 1 つです。 それらは消化を助け、特定の癌や心血管疾患の発症を防ぐことができます。

犬にデーツを与えるときに注意すべきこと

乾燥デーツは生のデーツよりもはるかに簡単に入手できます。 砂糖とカロリーが高い一方で、乾燥品種には有益な抗酸化物質がはるかに高濃度で含まれています。 ただし、適量だけをペットに与えるのであれば、犬が味を好むのであれば、生または乾燥したデーツを与えても問題ありません。

乾燥デーツのもう 1 つの危険は、これらの果物の中心に石のような穴がまだ残っていることです。 この果物を犬に与える前に、必ず取り除いてください。 または、種の入ったデーツを購入してください。 デーツの種はサクランボの種のように有毒ではありませんが、歯が欠けたり、窒息したり、腸閉塞を引き起こす可能性があります。

犬は毎日の食事の一部としてデーツを必要としません。 高品質でバランスの取れた食事を与えることで、必要な栄養素がすべて提供されるはずです。 また、デーツの繊維含有量が多いことを考えると、デーツを食べすぎると胃の不調を引き起こす可能性があります。 さらに、これらの高カロリーの果物には糖分が多く含まれています。 果物に含まれる健康的な砂糖であっても、砂糖を食べすぎると、犬の体重増加、歯のトラブル、さらには糖尿病などのより深刻な問題につながる可能性があります。

自宅のボウルの隣に横たわるフレンチ ブルドッグ

犬にデーツを与える方法

おやつは犬の毎日の食事の 10% を超えないようにしてください。 したがって、ペットのサイズに応じて、週に1〜2回、半〜2回のデートに固執することをお勧めします。 デーツを一口サイズに切り、他の新しいフードと同様に、犬が消化不良やアレルギー反応を起こさないように徐々に与えてください。 粘着性のあるナツメヤシは、散歩中にポケットやおやつポーチに入れるのに理想的な刻んだおやつにはなりません。 しかし、その粘着性のある質感は、おやつのおもちゃの詰め物の一部として、または犬用の焼き菓子のつなぎとして加えるのに最適です。

デーツとレーズンを混同しないでください

デーツのシワシワな質感と茶色の色は、大きなレーズンと混同する可能性があることを意味します。 レーズンはブドウを乾燥させたもので、犬にとっては非常に有毒です。 これらを摂取すると腎不全を引き起こす可能性があります。 レーズンは避けてください。ただし、犬が(穴のない)ナツメヤシを数個かじってもパニックにならないでください。

コメントする