犬はなぜ尻尾を振るのでしょうか?

多くの人は、尻尾を振っている犬は幸せそうにしていると考えますが、必ずしもそうとは限りません。犬の尻尾は犬の気持ちを多く伝えますが、尻尾を振っているからといって必ずしも犬が友好的で近づきやすいというわけではありません。

では、なぜ犬は尻尾を振るのでしょうか?

犬が私たちに話しかけてくれたらと思うこともありますが、犬は優れたコミュニケーション能力を持っており、しっぽは私たちに自分の気持ちを伝える上で大きな役割を果たしています。

AKCファミリードッグのコラムニストで、ブリティッシュコロンビア大学心理学部の名誉教授でもあるスタンレー・コーレン博士は、Psychology Today誌に、犬の目は動きに非常に敏感なので、動く尻尾は他の犬にとって優れた視覚的合図になると書いています。「ある意味で、尻尾を振ることは、人間の笑顔、丁寧な挨拶、または認識のうなずきと同じコミュニケーション機能を果たします」とコーレン博士は書いています。

犬の尻尾やボディランゲージを読み取ることは、犬が本当に伝えようとしていることを知るための最良の方法です。人間の顔の表情がそれぞれ異なる意味を持つのと同じように、尻尾の動きも犬の気持ちによって変わります。

庭に立っているパーソン・ラッセル・テリアの子犬。庭に立っているパーソン・ラッセル・テリアの子犬。庭に立っているパーソン・ラッセル・テリアの子犬。庭に立っているパーソン・ラッセル・テリアの子犬。犬のしっぽが伝えていること

庭に立っているパーソン・ラッセル・テリアの子犬。庭に立っているパーソン・ラッセル・テリアの子犬。犬の尻尾は、犬の気分を表すバロメーターのような役割を果たします。尻尾の位置やその他の犬のボディランゲージの合図を知っておくと、自分の犬を理解し、他の犬と安全に接するのに役立ちます。尻尾の動きや位置は犬種によって若干異なりますが、一般的な動きの多くは同じです。

尻尾が下がって脚の間にある場合は、恐怖、不安、服従の兆候の可能性があります。ゆっくりと尻尾を振っている場合は、犬が状況に不安を感じ、不安を感じている可能性があります。尻尾を通常よりも高く上げている場合は、おもちゃや庭を走り回るリスなど、何かが犬の興味をそそっている可能性があります。尻尾を左右に激しく振っている場合は、特に遊びのおじぎや数回の舐めを伴っている場合は、友好的な挨拶である可能性があります。ただし、犬のボディランゲージには尻尾の動き以外にも多くのものがあります。他の要素に注意を払うことが重要です。

ある研究では、犬が尻尾を振るときに好む方向も気分の指標となる可能性があることがわかった。体の右側で尻尾を振る犬は、おそらくよりリラックスしている。一方、Current Biology 誌に掲載された研究によると、体の左側で尻尾を振る犬は、より警戒していたり​​、ストレスを感じていたり、不安を感じていたりする可能性もあるという。

これらの合図の多くはかなり単純なもののように見えますが、それを認識することで、犬とのコミュニケーションがうまくとれるようになり、他の犬の気分も読み取ることができるようになります。

コメントする